受刑者は、朝夜を問わず常に群衆の目に晒される。いつ鋸をひかれるのかという恐怖におびえながら、じわじわと苦しみを与えられて殺されていく。

鋸は切れ味が悪いものが多く、絶命までには相当時間がかかった。虫が首の傷を蝕むことも多く、多くの者は処刑の途中で気が狂ったそうだ。

http://shichikasha.info/stories/16/chapters/668

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る