日本では江戸時代以前は、実際に執行されていた。江戸時代からは形式的に鋸は在任の隣に置かれるが、実際にひかれることはなかった。

それどころか、罪人の首を本当に鋸でひく通行人が現れた為、それをとめるための監視役の役人が置かれるようになった。

日本ではこの方法は重い罪、例えば反逆や虐殺、親殺しなどの罪を行った者が対象であり、当時、一番重い刑罰として行われていた。

明治元年の刑法改正の際、火刑とともに廃止された。

http://shichikasha.info/stories/16/chapters/668

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る