戦国~江戸時代の刑罰の一つ。死刑のなかでも極刑とされ,江戸時代には主殺に対して科せられた。『公事方御定書』には,「1日引廻のうえ,両肩に刀目を入れ,竹のこぎりにその血をつけ,そばに立てたまま2日間さらし,ひくことを希望する者があればひかせる」とあり,最終的には磔によって処刑する。

出典https://kotobank.jp/word/%E9%8B%B8%E6%8C%BD-112130

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る