この刑罰が行われた記録はほとんど存在しないが、三国時代の呉の死刑に、「鋸頭」という刑種の記録を見る。(詳細不明)

http://ura.sakuraweb.com/ura/gomon_11_01.htm

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る