古今、謀反、魔術を用いた嫌疑、兵役拒否など、さまざまな犯罪に対して「のこぎり」刑が適用されていた。
フランスでは、悪魔と通じて妊娠した魔女が、のこぎり刑に処せられた。
ドイツでは、謀反を起した農民(農民一揆の首謀者)に対して、鋸引き刑が適用された。
スペインでは、18世紀末まで、軍隊における処刑手段として鋸引きが用いられていた。

刑罰用の「のこぎり」は、歯が粗く、取っ手が両側に付いた物なら何でも良く、森番などが普通に木を切っていたのこぎりをそのまま使うこともあった。
「のこぎり」は、ヨーロッパ全域において最も広く用いられた刑具のひとつである。

ヨーロッパでは、囚人を木や鉄棒に吊るし、上から下へ鋸引きしたが、次の2つの方法がある。
A、地面に立てた棒、または椅子に固定された囚人の頭からの縦に鋸引きする。
B、両足を広げて吊るされた囚人の股間から縦に鋸引きする。

1400年代、ドイツ、2本柱に渡した横木に犠牲者を足から逆さ釣りして、股間から鋸引刑

頭から鋸引きするほうが、刑として苛烈のように思われるが、実はそれは囚人への思いやりとも言えた。
というのも、頭から引き始めれば、囚人はすぐに絶命することが出来たが、股間から引き始めた場合はそうではなかったからである。

http://ura.sakuraweb.com/ura/gomon_11_04.htm

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る