出典 tamutamu2011.kuronowish.com

鋸挽(のこぎり)刑==鋸挽刑

反儒教的犯罪である尊属・主人等への殺人罪に適用。罪人を首だけ出して土に埋め、希望者に鋸で首を挽かせた。しかしながら後年形式化し、日本橋南の晒(さら)し場で2日間さらし、江戸市中を1日引廻(ひきまわ)し、刑場で磔(はりつけ)にした。

この情報が含まれているまとめはこちら

処刑方法【鋸挽き】とは

鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。

このまとめを見る