1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

こんな店には行きたくない!ハズレな回転寿司の見極め方!

自分の好きなものを、値段気にせず食べることができるのが回転寿司の良いところ!でも中にはヤバい回転寿司店もあります。そこで回転寿司店の良し悪しの見極め方をまとめました。

更新日: 2018年02月15日

268 お気に入り 149882 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

▽まずは店内を見渡してみて

回っている皿に透明なカバーが掛かっているお店はネタが古い可能性が高い

その日のオススメや産地を”手書き”で掲示している店は、旬のネタが毎日入ってくる店と判断できます。仕入れ状況により安く提供できる新鮮なネタが揃っている証拠で、いつも決まったネタしか入荷しない店にはできない芸当

▽鉄火巻きで見極める

鉄火巻きと称し、マグロの中落ちと植物性油を混ぜたものを冷凍で固めて巻いている店がある。これは食べる時に軽く押さえると潰れてしまうので、すぐに見分けがつきます

▽玉子焼きの色で見極める

卵焼きの単価を下げるために食品業界で行われるのが、黄身を間引きして別の用途に使う『黄身抜き』です。たとえば卵10個で2個分の黄身を抜けばそれだけ安くできる。ときどき見かける白くて緑がかった卵焼きは、典型的な黄身抜き

玉子焼きが自家製か仕入れ品かは「見た目」でわかります。家庭で作るように、店舗で焼けば「自然な焦げ目」がつく一方で、工場で作ったものは焦げ目のない「黄色一色」になりがち

▽冷凍イカかどうかを見極めるには?

"表面に切れ目のないイカは、回転寿司に限らず、ほぼ100%冷凍品と思って間違いない。これは断言していい"とのこと。
なぜかと言うと、"表面に切れ目を入れるのは、食べやすくすると同時に、「アニサキス」を殺す目的"があるため。冷凍でも死滅するために、冷凍イカなら包丁を入れる手間を省ける

▽サーモンが美味しくなければそのお店はダメかも

寿司ネタのサーモンはほぼ100%が輸入品で、高級店も回転寿司も使っているものは同じです。高級店のサーモンは、ネタが大きく厚く切られている分、おいしく感じることはありますが、サーモン自体には大差ありません。ということは、どの回転寿司店でも、サーモンであれば、まず「ハズレ」がないということ

サーモンが美味しくなかったら、そのお店は駄目です。どうにもなりません。サーモンは安価で美味しいネタの代表ですし、安定供給されているネタでもあります。 そのサーモンが美味しくないというのは、ネタの扱いに問題がある可能性があります

▽ネタの見た目やシャリで見極める

刺身の鮮度は「角(かど)」"でわかるそう。"切り口の角が立っていたら、切りたて"、角が丸まっていると時間が経った証拠だそう

"シャリの上に、宙に浮くように、ドンと反り返って載って"いました。これは"ネタを載せただけで握っていない"ためのようです。ネタを載せたあとにほんの一握りするだけなのに、それすら手を抜いている

「ほのかに温かい」のがいいシャリです。わかりづらいときはネタをはずしてシャリだけを味わってみてください。ヘンに甘かったり、冷えすぎたシャリを使っている店は「仕入れ品」を使っている可能性が

▽他にも…

店内や従業員に清潔感がない店舗はダメ

お皿が汚かったり、しょうゆ差しの注ぎ口にしょうゆがこびりついていたり・・・

レーンにパックのジュースやかんぴょうやいなりなどの安い寿司がたくさん流れている店はアウト

長く回った寿司は乾燥して味が落ちる→廃棄。だけどパックジュースはいくらレーンに流してもロスにならないから

新鮮なネタは、水分が豊富に含まれていますから、照明の光がよく反射します。つまり、表面が光を反射しているものというのは、新鮮というわけ

▽最後に・・・原価の高い寿司ネタって?

1 2