英国・オクスフォード大学のMelanie Nichols博士らがBMJ Open 2012年5月30日付で発表した英国人を対象とした研究で1日5gのアルコール摂取(ビールで100cc、ワイン40cc程度)が、生活習慣病など慢性疾患のリスクを最低にする、健康に好影響を与える最適量であることが明らかになりました。

出典百薬の長になるアルコールの適量はたったの5g! - 宇山恵子の取材日記 - Yahoo!ブログ

前へ 次へ