この結果でもう一点、男性では1日2~3ドリンク程度まで、女性では1~2ドリンク程度までは、全く飲まない人よりも死亡リスクが低いという結果になっているのには、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

 日本の厚生労働省は、こういった科学的知見をもとに、節度ある適度な飲酒としては、1日平均純アルコールで20g程度(上の単位にして、1.4ドリンク)を推奨しています

出典医学的に証明された"百薬の長"になる酒量 ( 歴史 ) - nk8**6eのブログ - Yahoo!ブログ

前へ 次へ