1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときにはいいかもしれませんが、実は、一種の興奮剤のようなものであるため、効き目が切れるとドっと疲れが押し寄せてくることがあります。

 また、ドリンク剤の成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品ですから、依存症になる恐れがあります。
 さらにドリンク剤には、低血糖からくる脳の働きを活性化させるために糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲み続けると糖尿病や肥満につながることがあります。ドリンク剤に含まれるアルコールとカフェインなどの成分が、すでに常用している薬との飲み合わせで障害を起こす危険性も避けられません。
 例えば、風邪薬や気管支拡張剤とカフェインを一緒に摂ると、相互作用により、頭痛を引き起こすことがあります。また、睡眠薬や血糖下降剤(糖尿病治療薬)と一緒に飲んでしまうと、睡眠薬の効力が強くなりすぎたり、血糖のコントロールができなくなることもあり得ます。

効果はてきめんでした。

集会前は
懸垂をしても  力が入らず  筋肉が硬くなり ませんでした。
歩くのも太ももがや 力が入らず 膝が痛い状態 できたが

ドリンク飲んだ1時間ほどのあとは
懸垂しても  平気で 何回もやれます。

力が入れた後は筋肉が硬くなります。
足腰は走っても飛んでも なんとか 絶好調の状態になりました。

栄養ドリンクの変わりに・・

コーラ

炭酸飲料には、血管を拡張して血流を良くする効果があります。

血流が良くなると脳にも酸素が十分行き渡るようになるので、頭がスッキリします。眠気覚ましにもおすすめです。

そして、実はコーラにはカフェインが入っています。

栄養ドリンクほどは多くないので、栄養ドリンク中毒を少しずつ治したい人の代替ジュースとしてもおすすめです。

炭酸水とミントが入ったグラス

ダイエット中の人や、カフェインを摂りたくないという人は無糖の炭酸水もおすすめです。

前述の通り、血行促進による脳への酸素供給がスムーズになり、さらに老廃物の排出も促すので疲労回復効果も期待できます。

アスリートが炭酸水を飲むのは、疲労回復効果を期待しているためです。

代謝アップによる美容・ダイエット効果もあるので、女性には特におすすめです。

スムージー・デトックスウォーター
デトックスウォーター

果物や野菜をすりつぶしたスムージーや、水にカットフルーツや野菜を入れておくだけでできるデトックスウォーター(フレーバーウォーター)も、飲み物から栄養を摂るという観点からおすすめです。

栄養バランスの良い食事をすると心身が安定するので、果物などからビタミンやミネラルを摂るのも効果的です。

甘みを足したい時は、砂糖ではなくはちみつなどの天然甘味料を選ぶと良いです。

次は、風邪の時に飲みたい飲み物3選の記事です。

米国では子どもがエナジードリンクを飲み、その結果、深刻な心臓系のトラブルなどで病院に搬送されるケースが増えているの

「タバコ同様に規制すべき」

Lipshultz氏は「少なくとも18歳以下の子どもにエナジードリンクはまったく必要ない」と断言する。さらに「タバコやアルコール同様、子どものエナジードリンク摂取は厳しく規制すべき」と話している。

リポビタンDやアリナミンVは医薬部外品で、タウリンなどのより滋養強壮が期待できる成分の使用が許可されています。

エナジードリンクがあった方が仕事が捗る」という人もいるかもしれませんが、一歩間違えれば、眠気やだるさを助長させる、体調に悪影響を及ぼすなど、逆効果を招く結果

1