1. まとめトップ

【格闘技やろうぜ!】ジークンドーがマジでカッコイイ!

V6岡田准一さんがインストラクター資格を持つことで話題になったジークンドー。創始者であるブルース・リーのキレキレの肉体美に憧れる男子諸君は、さっそく始めた方がいいと思います。

更新日: 2014年12月01日

68 お気に入り 389867 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

截拳道は、俳優・武道家のブルース・リーの哲学。武道のみならず、人間としての生き方を表す思想である。英語でJeet Kune Doと書く(広東語を英語に当てた発音)。

ブルース・リー自身が使ったように、頭文字をとってJKDと呼ばれることもある。

截拳道は、一般にリーが幼少期より学んだ詠春拳、節拳(弾腿門)などのカンフー(ブルース・リーは“グンフー”と発音していた)の技術に、レスリング、ボクシング、サバット、合気道、柔道などさまざまな格闘技、フェンシングなどの技術・エッセンスが取り入れられている武道。

機械的な暗記法(套路、型)にとらわれない戦術を重視しており、ビルジー(目突き)、金的への攻撃、喉への攻撃など効率的に相手を倒す技も多い。

哲学的側面に道教のダオ(Tao)思想の影響が見られる。

「相手の拳(攻撃)を截(たつ、防ぐ、さえぎる)道(方法、ダオ)」という意味であるが、これは「敵を倒す」という武術としての側面を表すとともに「生きていく上で直面する障害を乗り越える方策・智恵」も示したものである。

それは超実戦武術であり、戦闘のスタイルでありながらスタイルではなく、◯◯派、△△派等と区別する流派でもなく、優れた戦闘哲学でもあり、また、人生哲学でもあり、そしてなにより創始者である「ブルース・リー」の生き様、人生そのものでもあります。

特定の型を強要することはせず、奥義を極めるという概念は存在しない。つまり、どんなに技術を磨いたところで、生きている限り修練をし続ける必要がある。

Single Direct Attack

ダイレクトに打ち出す一発の単純攻撃

ジークンドーの最も基本的な原則である「単純動作」。相手への最短距離をたどった攻撃を真っ直ぐ打ち出す。
SDAがタイミングよく決まれば、それだけで勝敗が決する場合もありうる。
また、フックやアッパーといった、一見曲線的な動きもジークンドーではここに分類されることがあり、その定義は幅広い。

Single Angle Attack

角度を付けて打ち出す一発の単純攻撃

全身の動き、腰の動作などによって、SDAにさらに角度を付加した攻撃方法。より対人的と言える。
特性上、相手の意表をつくことが重要になり、「相手の思ってもいないところからの攻撃」というのが基本。
ボクシングでジャブの後にフックを決めるように、SDAでのフェイントを利用しつつ間合いをしっかり意識すると、相手にヒットしやすくなる。

Attack By Conbination

あらゆるコンビネーションを用いて打ち出す連続攻撃

ジークンドーのABCは「2~3連打で相手を倒す」ことを目標とし、わずかな手数で相手の不意をつくこと。
上段・下段の打ちわけや変則的なリズムを利用し、相手を手玉に取るようになれることが重要。
組み合わせは基本的に自由。急所への攻撃等を含めることもある。

Hand immobilization Attack

相手の手や腕を掴んだり、叩いたり抑えたりするトラッピング技法によって相手の腕を固定して打ち出す攻撃

最初の「Hand」は省略されることも多い。
相手の衣服や髪の毛等を掴み、行動を無力化しつつ打ち出す攻撃。倒しや固め技を連携させる場合もある。
動きは非常に複雑だが、実際は頭よりも体が自然に動き出し一瞬で攻撃を終える。そのため経験が活きやすい戦術である

Attack By Drawing

1 2