1. まとめトップ

【18卒】選考の早い企業80社以上 就活ES志望動機ベンチャー外資

選考の早い企業を厳選!面接就職活動転職プログラマーシステムエンジニアSEPG例文2ch掲示板ブラック会社新卒 履歴書 内定内々定エントリーシートアセマネ証券銀行保険アセットマネジメント東大早稲田慶應MARCH京大インターン質問SIerアセマネNTT外資仕事

更新日: 2017年04月22日

3treeslastさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
180 お気に入り 210808 view
お気に入り追加

随時更新する。備忘のため、お気に入り追加してみてください。

■目次■

【1】記事の趣旨=面接練習の重要性!
【2】外資系本選考スケジュール
【3】①外資系企業 ②ベンチャー系企業
【4】その他、記事リンク
【5】過去記事ログ

☆【みんしゅう 掲示板企業アクセスランキング】を見れば、他の就活生の動きが分かる!?選考が本格化していない今だからこそ、水面下の動きがよくわかる!

早めに選考フローに臨むのもよいですが、自己PR及び志望動機をブラッシュアップしてからにしましょう!

【1】記事の趣旨=面接練習の重要性!~採・不採は面接で決まる!迅速にエントリーをして面接練習を!~

▼以下に列挙する全ての企業が、早い時期から選考をするとは限りません。
しかし、一般的に外資系及びベンチャー系は選考時期が早いです。
優秀な人材を囲い込むこと及び経団連の倫理憲章に拘束されないことが理由です。

▼就活はつきつめると面接で合否が決まります!

合同説明会などに参加してもほぼ無意味です(※)。
就活をしていることへの満足感と疲労感しかうまれません。

以下から10社ほど本エントリーしてみて、面接練習に使うことをおすすめします!

こうした企業は水面下で選考が進んでいることが多く、エントリーの締切が12月で終わるところもあるので、このページを見たら即エントリーし行動に移しましょう!

※ただし、目的意識をもって参加すれば有意義です。
【就活の全体像を把握する】【各業界を広く浅く知る】等。就活への入り口にすぎませんので何回もイベントに行くのは時間の無駄かなと思います。

私は「就活解禁か〜リクナビ見よ!」と言っている層へ厳しい。すでに相当の内定が出ているという情報を得ることもなく、かといって留学や体育会などスペックも磨かなかった人が圧倒的多数だから。大手は内定を出しまくっており、今は残った補欠枠の奪い合いだってことを知らさないと後で泣くからです。

「就活解禁が3月だっていうからとりあえず1、2回合同説明会出て10社もエントリーすりゃ何とかなるだと思ってたら無い内定」を何度も見てきました。いくら言い過ぎと言われようが、こうなる前に「お前やばいぞ」という情報は発信せねばなるまい。

というかもう3月だから、19卒の就活が始まる時期ですね。外資系企業を受ける人はいまから筆記対策して学部3年6月の選考開始に間に合わせればまず面接までは行けるはず。

就活なんて訓練すれば誰でもある程度対策できるゲームなので、内定をサクサク取れる人は早めに準備したか、短期間で濃密な訓練をした人。ただ、対策には「エピソード作りのためバイトする」「行きたい業界に語学必須だから留学」とかも入る可能性があって、ますますスタート早い人が得するという。

■学生の優秀度

就活で何百名と見てきたけど学生の優秀度は大きく2つでわかる。①就活を始める時期の早さ ②学歴 悔しいかもしれないけど、これより明確に優秀層を測るツールがない。どの大学にも外れ値的に優秀な人はまぎれるけど、そういう子は就活のスタートが早い。

就活で何百人と見てきてもこれしか学べなかったのだな。

ライターの書く内容とはおもえないですね。①②の分け方に何の基準もない。

【2】外資系本選考スケジュール

※投資銀行・コンサル・消費財メーカーなど業界によって多少異なります

-10月:事前準備(情報収集、選考対策実践)

10-1月:応募(プレエントリー、エントリーシート提出、webテスト/テストセンター)

11-2月:選考本番(テスト、面接、ディスカッション、ジョブ)

12-3月:内々定(オファーレターにサイン)

※大まかなスケジュールであり、各社異なりますのでご注意ください。

【3】①外資系企業

▼IT業界
グーグル/マイクロソフト/アクセンチュア/アップル・ジャパン/アドビシステムズ/アビームコンサルティング/アマゾン・ジャパン/アンシス・ジャパン/イーベイ・ジャパン//インテル/ウィプロ・リミテッド/AT&Tジャパン/ガートナー・ジャパン/グーグル/コグニザント・ジャパン/サン・マイクロシステムズ/SAPジャパン/SAS Institute Japan/シスコ・システムズ/シマンテック・ジャパン/セールスフォース・ドットコム/デル/トレンドマイクロ/日本IBM/日本オラクル/日本マイクロソフト/日本ヒューレット・パッカード/日本ユニシス/ノキア シーメンスネットワークス/モトローラ・モビリティ・ジャパン/レノボ・ジャパン

▼金融業界
JPモルガン・チェース/ゴールドマン・サックス/シティバンク/メリルリンチ/モルガンスタンレー/HSBCホールディングス/バークレイズ/ドイツ銀行/BNPパリバ/クレディ・スイス/クレディ・アグリコル/ソシエテ・ジェネラル/UBS証券/フーリハン・ロッキー/グリーンヒル/RBCキャピタル・マーケッツ/カーライル・グループ/ブラックストーン・グループ/ベインキャピタル/リップルウッド・ホールディングス など

▼生保業界
アイエヌジー生命保険/アクサ生命保険/アメリカンファミリー生命保険/アリアンツ生命保険/カーディフ生命保険/クレディ・アグリコル生命保険/ジブラルタル生命保険/チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド/ネクスティア生命保険/ハートフォード生命保険/ピーシーエー生命保険/プルデンシャル生命保険/マスミューチュアル生命保険/マニュライフ生命保険/メットライフアリコ など

▼損保業界
アクサ損害保険/アメリカンホーム保険/アリアンツ火災海上保険/AIU保険/エース損害保険/カーディフ損害保険/ゼネラリ保険/チューリッヒ保険/ロイズ・ジャパン など

▼コンサルティング業界
【戦略系】A.T.カーニー/アーサー・D・リトル/ベイン・アンド・カンパニー/ボストン・コンサルティング・グループ/マッキンゼー・アンド・カンパニー/ローランド・ベルガ―
【人事・組織系】マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング/タワーズワトソン/ヘイコンサルティング/エーオンヒューイットジャパン
【総合系】アクセンチュア/アビーム・コンサルティング/IBMビジネスコンサルティングサービス/デロイトトーマツコンサルティング/プライスウォーターハウスクーパース

②ベンチャー系企業

ベンチャー通信編集部がこれから成長が期待される企業100社をご紹介

▼【ベストベンチャー100】等をご覧ください!
http://best100.v-tsushin.jp/

▼DeNA(ディー・エヌ・エー)/GREE(グリー)/楽天/サイバーエージェント/ワークスアプリケーションズ/シンプレクス・コンサルティング/リンク&モチベーション(リンクアンドモチベーション)/シグマクシス/イトクロ/オープンハウス/レイス/ビービット/ヒューチャー・アーキテクト/シグマクシス等

【4】その他、記事リンク(下記、私が作成したまとめです。ご参照ください)

1 2





3treeslastさん

★ツイッター炎上シリーズ、就活系、音楽系の記事を書きました!ぜひ見てみてください!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう