市販のシャンプーはリスクがたくさんと聞きますが、何がダメなのかが分かりにくいですね。まず、どうしてあんなに安い値段にできるのかを考えましょう。
シャンプーの成分は、最初に水と書かれていて、これが一番多い成分です。次に来るのが洗浄剤ですが、2番目に多く入っています。
つまり、多く入っている成分を安くできれば、メーカーとしては安く売っても儲けが大きいということです。安い洗浄成分では、石油系界面活性剤やAES系合成界面活性剤などがあります。原材料としてはとても安くて、泡立ちが良いので好んで使う人が多いのです。

出典市販のシャンプーは危険がたくさん!?美容師もオススメの選び方3選

次へ