1. まとめトップ

【7人殺害?】筧千佐子容疑者まとめ【遺産10億】

平成の毒婦?普通の顔した悪魔?筧(かけひ)千佐子容疑者の周辺で7人もの元夫、及び交際相手が全員死亡している事件。この度元夫の毒殺容疑で逮捕された彼女のまとめ。

更新日: 2018年04月26日

8 お気に入り 394687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RafaelaMKさん

筧(かけひ)千佐子容疑者(67)

事件概要

京都府向日市で2013年12月、無職筧勇夫さん=当時(75)=が死亡し遺体から毒物の青酸化合物が検出される事件があり、京都府警は19日、筧さんに毒物を飲ませ殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で、事件直前に結婚した妻の千佐子容疑者(67)を逮捕した。府警は遺産や保険金目当てとみて向日町署に捜査本部を設置、毒物の入手ルートなどの解明を目指す。

場所は「京都府向日市鶏冠井町大極殿」

事件が発生した場所は京都府向日市鶏冠井町大極殿(だいごくでん)にある一軒家。

大極殿には長岡宮大極殿跡があり、国の史跡として指定されている。
現在は大極殿公園として利用されている。

筧さんに出会うまでも周辺で連続不審死

卸会社社長とは2006年に知り合い再婚。社長は同年8月28日、自宅で亡くなり、検視の結果「脳梗塞」とされた。

08年2月ごろには農家の男性と3度目の結婚をしたが、男性は同年5月17日、自宅から救急搬送され死亡。「心筋梗塞」だった。千佐子容疑者はいずれも遺産を相続し、自宅などの不動産を全て売却。億単位の金を得たとみられるが、社長の場合は親族に民事調停を起こされ一部を返還した。

さらに11年9月ごろ、千佐子容疑者は本田さんと「婚約」したが、本田さんは12年3月9日、泉佐野市でミニバイクを運転中に急死。司法解剖で「致死性不整脈」とされた。同容疑者は「内縁の妻」を名乗り、遺言を盾に親族への遺産分与には応じなかった。

13年9月20日には交際中だった元内装業の男性が死亡。がんを患い、千佐子容疑者と近くのファミリーレストランで食事をした直後に容体が急変した。自宅は死後、同容疑者が売却した。この約2カ月後の同年11月1日、同容疑者は筧さんと4度目の結婚をした。

元夫の筧さん死後も複数の男性と交際

勇夫さんと結婚した後も大阪市内の結婚相談所を通じて、複数の男性と接触していたことがわかっています。警察への取材で、千佐子容疑者は勇夫さんの死亡について、今年初めに警察から任意で事情を聴かれた後も交際相手を探していたことがわかりました。

千佐子容疑者は10以上の結婚相談所に登録していましたが、過去に交際に至らなかった複数の見合い相手に、去年の末から頻繁に接触を図るようになり、会うとすぐに資産の額などを聞いてきたといいます。

 「私は再婚したい女ではない。たまたま知り合った人が再婚願望が強かった」(筧千佐子容疑者)

千佐子容疑者は容疑を否認

筧さんの死亡原因について「薬を誤飲したのではないか」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。千佐子容疑者は逮捕当初から容疑を否認している

筧さんの飲んでいた市販薬に青酸!?

捜査関係者によると、千佐子容疑者は「自殺でも事故でも病気でもないと思う」と述べたうえで、「夫は市販薬を飲んでいた。その中に青酸の成分が含まれていたのだと思う」という趣旨の供述をした

合計で7人も殺害?

筧さん以外に周辺で6人、”計7人”が不審死。

京都・向日市で、夫を青酸化合物で殺害したとして逮捕された筧 千佐子容疑者(67)。
千佐子容疑者は、これまでに4人の男性と結婚を繰り返しているが、4人の男性全てが、死亡している。
このほか、およそ5年の間に、交際していた男性3人も死亡していて、これまでに千佐子容疑者の周りでは、7人の男性が死亡したことがわかっている

殺人の疑いで逮捕された千佐子容疑者は去年、自宅で夫の勇夫さん(当時75)に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いが持たれています。警察への取材で、千佐子容疑者と内縁関係にあった奈良市の高齢男性も2009年ごろに死亡していたことが新たに分かりました。この男性が死亡した際に通報をしたのは千佐子容疑者で、警察は「病死」と判断。千佐子容疑者には男性の遺産金などが渡っているとみられています。これで、千佐子容疑者の周辺で死亡した男性は7人となりました。

殺害動機は遺産=お金?

京都府向日(むこう)市で昨年12月、無職筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)が青酸化合物によって殺害された事件で、妻の千佐子容疑者(67)(逮捕)が数年前から、結婚や交際していた男性らの遺産の大半を先物取引などに投資していたことが、捜査関係者らへの取材でわかった。

その結果、多額の損失を出していたといい、府警は、筧さんの遺産目的の犯行とみる根拠の一つとしている。府警は20日午後、千佐子容疑者を殺人容疑で送検した。千佐子容疑者は否認している。

 捜査関係者によると、千佐子容疑者は4回結婚しているが、過去の名字などでの十数の預貯金口座を所有。府警が口座の金の出入りを調べたところ、受け取った遺産は約10年間で約10億円に上っていた。多くは先物取引や外国為替証拠金取引(FX取引)など投機性の高い金融商品への投資に使われていたが、残高はほとんどなかったという。

現在は借金を抱えている

1 2