1. まとめトップ

「明治ヨーグルトR-1」は本当にインフルエンザ予防の効果はあるのか!?誇大広告の真実を暴露します!

「明治ヨーグルトR-1」は本当にインフルエンザ予防の効果はあるのか!?誇大広告の真実を暴露します!

更新日: 2014年11月25日

6 お気に入り 216629 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ebina-yuさん

インフルエンザ対策にもいいとされるR-1ヨーグルトですが、本当にそのような効果はあるのでしょうか?

「強さひきだす乳酸菌」がキャッチフレーズのR-1ヨーグルトは、テレビなどのメディアでよく取り上げられることがあるヨーグルトです。「インフルエンザの対策に期待できる」とバラエティ番組で紹介された時期は、店頭で品薄状態となる人気ぶりをみせました。
R-1ヨーグルトには、選び抜かれた乳酸菌「ラクトバチルスブルガリクスOLL1073R-1」が使われています。この乳酸菌がつくりだすEPS(多糖体)が新しい可能性を秘めた成分として注目を集めました。
免疫力アップ効果、関節炎対策効果、インフルエンザ対策効果などが研究によって発表されています。

インフルエンザが例年に増して猛威を振るう中、テレビなどで予防効果があると報じられた明治の機能性ヨーグルト「R-1」が大ヒットとなっている。
全国のスーパーやコンビニで品薄状態が続き、都内のイオンでは「お一人さま一個限り」と注意書きが張られている。ネットオークションでは、定価の倍以上の値段をつけ転売する出品者も現れた。

ブームの発端となったのは、有田共立病院(佐賀県有田町)の井上文夫院長が昨年8月に発表した研究結果だ。
有田町と井上院長は、2010年9月から11年3月まで半年間、明治から無償提供された「R-1」飲料タイプを、町内の小中学生約1900人に給食後1本、継続的に飲ませた。その結果、生徒のインフルエンザ発症率や欠席率が、周辺市町や県の統計の数値のわずか1割程度になったという。この結果に飛びついたのがテレビ局だ。今年の1月23日、NHKの情報番組「あさイチ」が取り上げると、各局が「R-1はインフルエンザに効く」などと追随した。

しょせんはヨーグルト

だが、あまりの過熱ぶりに、風向きが変わり始めている。
「私はR-1の持つ可能性を示唆しただけ。しょせんはヨーグルト。皆さんには冷静になってほしい」。うんざりした 様子でそう語るのは、前述の井上院長。連日テレビ番組に、「R-1」のインフルエンザに対する有効性を調査した専門家として引用されてきた張本人だ。
一部の報道では、インフルエンザ予防に効くと断定的な報じられ方がされたが、今回の研究結果が示したのはあくまで「可能性」にすぎない。民放キー局の役員は「テレビ離れが深刻な中、視聴者が食いつくネタがあれば、少しオーバーに報道することもある」と内情を語る。

「この試験は通常の臨床試験に必要な条件をクリアしていない。たとえば、被験者には実験の目的を隠さなくてはならないが、そうしなかった。被験者がヨーグルト以外にも生活上でインフルエンザ予防に注意を払えば、それが理由でよい結果が出てしまうこともある」(臨床学に詳しい牧瀬内科クリニックの牧瀬洋一院長)という。

ネットの声…私は明治の営業社員ですが

私は明治の営業社員ですが、当社のR-1ヨーグルトがインフルエンザに効果があると信じている人に逆に質問します。明治の社内で3ヶ月毎日1本飲む実験をしましたが、風邪を引いた社員が大勢でました。

インフルエンザに効果があると間違った評判が広まっている明治のR-1ヨーグルトは約3年前に発売された商品ですが、全く売れなかったので 廃止商品になると社内で評判でした。ところが、NHKのあさイチという番組で女子アナがインフルエンザに効くと発言したのです。九州の有田町で子供たちがR-1を飲んで風邪を引かなくなった例が報道されました。これに民放が飛びついて特番を組んで報道が過熱しました。この番組からR-1がインフルエンザに効くという信仰が生まれたのです。消費者がスーパーに買いに殺到したので、売り切れが続出しました。スーパーはやむなく一人一個の制約をしま した。どうして日本人はこんなに単純な国民なのでしょう。本当にそうなのか ?疑わないんですね。

これに便乗したのが我が明治乳業です。業績低迷で苦しんでいましたから、棚からぼたもちみたいなもので、薬事法違反スレスレの表示や販売方法をしました。明治乳業の社員の間では、「R-1はインフルには効果は無い。」というのが常識になっています。消費者が勝手に効果があると信じているから、その余勢をかって利益を得ようと考えているだけです。マスコミの誘導と、明治乳業の営利主義に乗っかってR-1ヨーグルトを買っている消費者は馬鹿としか言いようがないですね。明治乳業にお金を寄付しているのと同じですから。

インフルエンザのウイルスは強力ですから抗生物質しか効きません。乳酸菌にインフルエンザを撃退する力はありません。胃腸の調子を整えるくらいが精一杯です。100円くらいでインフルエンザに効いたら医者はいらないですよ。くれぐれもマスコミやメーカーの誘導にはひっかからない様にしないと、みなさんの命に係わります。インフルエンザにかかりたくないなら予防接種が一番です。かかってしまったら病院に行くことです。また日頃から疲労しないように、うがい手洗い、人ごみに行かないようにしましょう。お体を大切に、周囲の人への心配りをお互いに実行しようではありませんか。

その他の声

R-1ヨーグルトをかかさず昨年の9月から毎日食べていました。予防接種も昨年のうちに済ませました。
しかし、昨日から熱が出て、今日病院でインフルA型の陽性が出ました。
R-1を食べ続けていた事、予防接種を受けていた事を先生に話した所、R-1はインフル菌を死滅させる力は無いし、免疫力向上といっても、それ以上にインフルは感染力が強く、ならない訳ではないとの事でした。
R-1を摂取するのとしないのは、例えるなら、極寒の地に裸で立ってるのと、長Tを着て立ってるくらいの違いしかないと言ってました。
予防接種も、重症化を防ぐだけで、ならない訳ではないと。
R-1や、予防接種でかからなかった人はそれが効果を発したのではなく、運が良かっただけ…だそうです。
どこかの町でインフルが抑えられたのは、町全体、学校全体で免疫力向上に努めていたからで、免疫力が低くインフルに感染し撒き散らす人が一人でもいれば、感染は広がるそうです。

うちにも明治の訪問販売が来ましたが、有効性の根拠を尋ねると、「研究データはない」とのこと。小学生を対象とした研究は、エベデンスレベルでは最低のランク。証拠と言えるものではなく、これを根拠としている時点、かなりの噴飯もの。インフルエンザの予防接種も同じレベルですけどね。順天堂大学の免疫学者も結託して売上に貢献していますが、困ったものですね。日本人がどうしてこう情報に操作されやすいのか。

単なる食品であるヨーグルトにインフルエンザの予防や治療効果があるわけがない、と考えるのが普通だろう。。。
マスコミ、ステマに踊らされるB層は、実に愚か。。。

特定の食品が、健康に良いなどという宣伝が、今まで手を変え品を変えてずっと繰り返されているのをご存知ですか?こういうのは安易に信じないほうが良いです。
どんな良い食品でもそればかりをとっていれば良いという事は決してありません。栄養バランスの良い食事をしっかり取ることが健康や病気の予防には最も良いのです。

1