ブームの発端となったのは、有田共立病院(佐賀県有田町)の井上文夫院長が昨年8月に発表した研究結果だ。
有田町と井上院長は、2010年9月から11年3月まで半年間、明治から無償提供された「R-1」飲料タイプを、町内の小中学生約1900人に給食後1本、継続的に飲ませた。その結果、生徒のインフルエンザ発症率や欠席率が、周辺市町や県の統計の数値のわずか1割程度になったという。この結果に飛びついたのがテレビ局だ。今年の1月23日、NHKの情報番組「あさイチ」が取り上げると、各局が「R-1はインフルエンザに効く」などと追随した。

出典もうずっと人大杉

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「明治ヨーグルトR-1」は本当にインフルエンザ予防の効果はあるのか!?誇大広告の真実を暴露します!

「明治ヨーグルトR-1」は本当にインフルエンザ予防の効果はあるのか!?誇大広告の真実を暴露します!

このまとめを見る