1. まとめトップ

「やるからには本気。」ゴルフ挑戦に中田英寿が見せたプロ精神

サッカー選手を引退した後、世界中を旅していた中田英寿さんですが、これからゴルフに真剣に取り組むことを明言したようです。

更新日: 2014年11月26日

1 お気に入り 4187 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

現役引退後、色んなことに挑戦している中田英寿さん

中田は引退後、世界各国を放浪するなど、その動向について世間の注目を集め続けてきた。

現在はFIFA親善大使、株式会社東ハト執行役員CBO、一般財団法「TAKEACTIONFOUNDATION」代表理事など様々な役職を持つ。

中田は経営面での手腕も優れていて、サッカー選手を引退した今でも、毎年、億単位の収入があるのだとか

さらには自身の所属事務所でもある『サニーサイドアップ』の大株主で、一般財団法人名義でニューヨークのビルを購入するなど、多忙な実業家人生を歩んでいる。

中田 英寿 1977年1月22日生まれの37歳
日本・山梨県甲府市出身の元サッカー選手であり元日本代表。
日本サッカー界を象徴する選手だった。
現役時代のポジションはMF

そんな中田氏が新たなプロジェクトを発表

株式会社デサントは25日、2015年春夏より展開するプレミアムアスリートゴルフウェアブランド「デサントゴルフ」のアンバサダーに元日本代表MF中田英寿氏が就任することを発表

このプロジェクトは中田が本格的にゴルフに挑戦する姿に密着したドキュメンタリーを、継続的にウェブ上で公開するというもの。

様々なバリエーションのゴルフウエアを着こなす中田のキャンペーンビジュアルも公開されており、デサントゴルフが目指す“大人ゴルファー”のためのプレミアムアスリートファッションの世界観を表現する

中田氏のゴルフ上達への取り組みは『HIDETOSHI NAKATA SWING TIMELINE』プロジェクトと称して「デサントゴルフ」のホームページで随時公開

「本気で取り組む」中田氏はプロ精神を見せた

「東京にいる時間も少ないのですが、練習に行くようにしています」と熱心な取り組み状況を報告

本格的にゴルフに挑戦することになった中田氏は「目標はないですけど、始めるんだったら中途半端にやっても仕方ない」

「なんのスポーツをするにしてもプロに勝てる可能性を持てるところまでいかないと。フルで勝てるとは思わないけど、ホールでは勝てるようになりたい」と強気の姿勢。

「趣味でやるという感覚はないので、やるならプロを目指すようなトレーニングをしたい」と本気で取り組む決意を表明した。

トップアスリートならではのプロ精神

ゴルフには前から興味があったという

「でも、かなか一歩踏み出せなかったところに、このお話をいただいたのでちょうどいいと思ってゴルフを本格的に始めました」

「みんながうまいのに、自分だけヘタだと自分のプライドが許さない」との理由から、これまでゴルフには手を出さなかった

今回のオファーは、中田氏のプレーを全面的にサポートするという条件もあり、「二つ返事で引き受けた」という。

ゴルフの才能をコーチも絶賛

コーチを務めるツアープロコーチの谷将貴氏は「片山晋呉を教えていた時もそうだったのですが、こちらが伝えたことをふるいにかけて自分に合うものを取り入れることができるのはさすが」

やっぱり様になります。

実際にサッカー選手でゴルファーに転向した選手もいる

1 2