1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

asevenさん

キッカケは2007~08年の武蔵小杉地域でのタワーマンションの増加らしい

では”ムサコ妻”とは?

ニュースに出てくるのは時間問題だと思ったけど、ついに出た!ムサコ妻! pic.twitter.com/eRHiHLxfWV

ムサコ妻なんて言葉があるんだw 世帯年収1000万円でタワーマンション買って、食材は高級スーパーで調達して、服はセレクトショップでお洒落にも気を使って、子育てにも熱心って、お金足りてるんですかね……

簡潔にまとめると、常にオシャレに振る舞い、地元愛もある、そして他人に羨ましがられるような生活スタイル、オフの過ごし方が特徴だというわけだ。

こうした”ムサコ妻”に企業が今注目している

武蔵小杉に早くから目をつけていたのがセブン&アイ・ホールディングスだ。
イトーヨーカ堂の前社長、亀井淳顧問は再開発の計画が浮上する30年も前から、駅前に広大な土地を持つ東京機械製作所にアプローチをしてきた。

超高層マンションができた頃から、ムサコ妻たちの服装やバギーの種類、バッグ、靴、読んでいる雑誌を調べた。「情報にたけ、時間を効率的に使う。おしゃれにも子育てにも熱心で、自然環境も重視する、いいとこどりの消費者」と分析。「ファストファッションなら、ZARAとギャップ。ほかのブランドはあまり響かない。ZARAも、川崎店ではなく銀座や六本木ヒルズで買う」と細かな消費行動まで調べ、店づくりを進めた。

ムサコ妻の消費を考えると、ヨーカ堂のプライベートブランド(PB)の婦人服「ギャローリア」を入れるのは挑戦だ。ヨーカ堂のPBというフィルターを通しては苦戦が予想される。そこで、売り場をヨーカ堂のエリアから離してパリのブティックのような内装に。商品もイタリア別注の素材に、型紙も見直してプレステージラインを展開する

店づくりの随所に"ムサコ色"をちりばめた。屋上庭園にラフランスやイチジクなどの果樹を植える。ミカンやリンゴなど定番の果物でないところがミソだ。東京・広尾などにある全米ナンバーワンの子供向けフィットネス「マイジム」も入る。入り口近くの高さ14メートルの水のオブジェは「全国でもここだけ」(同社)で、他から一目を置かれたいという思いをかたちにした象徴的な存在だ

1