1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

YouTubeが生んだポップスター・ジャスティンビーバーの過去と現在

YouTubeがキッカケでアーティストデビューし、数々のヒット作と巨万の富を手にしたジャスティンビーバー。今では欧米で最も嫌われているお騒がせセレブとなってしまいました。

更新日: 2014年11月26日

129 お気に入り 371566 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・ジャスティンビーバー、30歳以下で最も稼いだエンターテイナーに選出される

ジャスティン・ビーバーが「フォーブス(Forbes)誌」の30歳以下で最も稼いだエンターテイナーに選ばれた

・キッカケはYouTubeだった

アップロードしていた動画が現在のマネージャーに発見されたことによってプロアーティストとしての道が切り開かれました

デビューの際はアッシャーとジャスティン・ティンバーレイクが争奪戦をした、というのも有名な話

・17歳にして世界的ポップスターへ昇りつめた

2009年7月発売のシングル曲、"One Time"は、デビュー曲にも関わらずBillboard Hot 100で最高17位にランクイン

・順風満帆かと思われたジャスティンだったが...

世界的スターである彼のスクープ写真を撮ろうと、パパラッチの追跡が日を追うごとにエスカレート

交友関係やパーティの様子などをさかんに報じ、ジャスティンもそれに激しく反発。しだいに行動がエスカレートしていった

・今ではすっかりお騒がせセレブに

ジャスティン・ビーバーのツアーバスがストックホルムのコンサート会場外で捜索され、少量の大麻が見つかった

カリフォルニアの自宅の隣人宅に卵を投げつけたとして警察の捜索を受けた

ツアーの公演のためにペットのオマキザルとともにドイツへ入国しようとしましたが、必要な手続きを踏んでいなかったため、当局にサルを没収されてしまい騒動に

警察幹部は、ビーバー容疑者が「いくらか酒を飲み、マリファナを吸ったほか、何らかの処方薬を飲んだことを認めた」と語った

1 2