韓国の反対活動家
●卓明煥(タク・ミョンファン 韓国・新興宗教問題研究所所長)
統一教会だけでなく、韓国のキリスト教系団体や新宗教に対するバッシングを繰り返してきた元祖的存在で、『統一教会の実像と虚像』等の著書があります。「血分け」(セックスリレー)「混淫」「聖酒に体液混入」など、数々のガセネタを発案・流布した人物ですが、卓氏の捏造行為はきわめて悪質で、それらは裁判でも事実無根であることが立証され、何度も有罪判決を受けています。1987年9月には『統一教その実相』等に書いた自説が事実無根であることを告白して謝罪したのですが、それ以降もまた新宗教に対する誹謗行為を続けました。1994年、自宅前で暴漢に鉄パイプとナイフで襲われ、殺害されました。

出典統一教会・統一運動に反対する人々

前へ 次へ