1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

前年にひどいストレスを 経験した人たちは 死亡するリスクが 43%高かったのです しかしこのことはストレスが 健康に害を及ぼすと 信じていた人たちだけに 言えることでした

幽霊を見た人が 幽霊を本や映画などで・・知識を持った人だけが見るのとおなじですね。
霊は確かにいますよと言う人も、誰かに聞かされたなど・・

科学はエビデンス・・科学的根拠を最優先ににしないと画期的な成果はでません。
日本は儒教思想の封建奴隷的階級志向のもと 権威には無条件に卑屈になるべきだとする 権威主義的ですから、教授がストレスが悪いいうたら・・反論でけからダメだとよく聞きます。、

ひどいストレスを経験しても ストレスが無害だと思う人たちの 死亡リスクは上がるどころか ストレスが殆どなかった グループと比較しても 研究参加者の中で 最も低いものでした

悪いと信じる事が 死因の第15位だったことになり それは皮膚がんや HIV/AIDSや 殺人よりも多くの人の命を 奪っている

対策

ストレス反応が 自分を助けてくれていると 考えるようにすれば 勇気が出るような 生物学的反応が起きるのです

ストレス下にいる人に 手を差し伸べるようにすれば 自分の中に回復力を 作り上げるのです

経済的惨事や 家庭危機などの 重大なストレスを経験すると 死のリスクが30%増加します しかし ― ここでも私が「しかし」と言うだろうと 勘付いてもらえると嬉しいです― しかし 皆が皆 増加してはいませんでした 他の人への思いやりに 時間を費やした人々には ストレスから来る死亡の増加は 全くなかったのです

1