アメリカ南部の黒人差別が露骨だった時代、朝になると、昨晩殺された黒人の死体が木に吊るされていて、その姿がまるで、「ストレンジ・フルーツ(奇妙な果実)」に見えるという実話で、ビリー・ホリディの歌で有名。

出典心の風景: 偏見という病理

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ビリー・ホリデイ『奇妙な果実』の時代から減らない人種差別…

ここ最近、人種差別に関する事件を多く耳にするようになったような気がします。先日も白人警官が黒人少年を射殺する事件があったばかり…いつになったらなくなるのだろうと考えているうちに、人種差別を歌ったビリー・ホリデイの「奇妙な果実」が頭をよぎりました。

このまとめを見る