1. まとめトップ

食べ過ぎた!連休の体重増加を1週間でリセットする方法

お正月やお盆、GW等の大型連休はつい食べすぎて気付けば体重1gk増!なんて経験はありませんか?短期間に増えてしまった体重はなるべく早く元に戻す事が大切です!

更新日: 2015年02月18日

38 お気に入り 222828 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sinamonteaさん

短期間に増えた体重は短期間に落とそう!

お正月やお盆、GW等の大型連休はつい食べすぎて気付けば体重1gk増!なんて経験はありませんか?短期間に増えてしまった体重はなるべく早く元に戻す事が大切です!

◇原因を探る

・太ってしまう原因は間違いなく食べ過ぎによるカロリーオーバーです。

普段とは違う食生活になるのですから、当然と言えば当然ですが、沢山たべてしまいがち。
おせち料理を食べながら、寿司をつまみ、さらに唐揚げのコンボ。飲み物はジュースやお酒。高カロリーな食事のオンパレードになってしまいがちです。

・ゴロゴロ動かず、絶対的運動量が足りない。

久し振りのまとまった休日。
食べた後は横になりテレビや携帯、ネットを見ながらそのままお昼寝。

いつもより動かないのですから、カロリーが消費されません。

◇なるべく早く元に戻そう!

増えた体重がそのまま「いつもの体重」にならないように、なるべく早く元に戻す事が大切です。

体重1Kg増加するには約7000kcal必要

1週間で元に戻そうとするなら、1日約1000kcalの消費が必要になります。

・食事量を減らす。

朝や昼は活動
時間なので、少し食べ過ぎても、消費をしてくれます。

しかし夜遅くにがっつり食べてしまうと、ますます
体重は増えてしまいます。遅くとも、4時間前には
夕飯を食べ終わりましょう。

ご飯をおかゆに変更する!

少量で満腹感のあるおかゆに変更するだけでカロリーを押さえる事ができます。

白米に水を多目に加えて過熱するだけで簡単に作る事が出来るのもポイントですね。

ドレッシングにも気を使おう!

出典locari.jp

マヨネーズは大さじ1で100kcal前後あります。
野菜サラダだからヘルシー!な訳ではないですよ?
使用するドレッシングの量やカロリーにも気をつけましょう。

ポテトサラダやマカロニサラダはしばらく我慢してくださいw

海藻類は腸のぜん動運動も活発にしてくれるので、便秘解消にも効果的。ウエストのサイズダウンや下腹のポッコリ解消にも役立ちます

飲み物にも注意を!

飲料水に含まれるカロリーは意外と見落とされがち。

ジュースは飲まないけれど、コーヒーには砂糖を入れている。では本末転倒ですよ?
ローカロリーな飲み物を取るようにしましょう。

タンパク質は積極的に摂取

タンパク質は体にとって大切な栄養素です。おかずを減らすのはNGですよ。

空腹になるまでカロリーのある物を体内に入れない。

連休中は普段食べない量を食べてしまいがち。
内臓を休める意味でもダイエットの為にも、お腹が空くまでおやつやカロリーのある飲み物は控えましょう。

食事量がもの足りない時は温野菜をプラス

温野菜なら体を冷やす心配もなく、塩、こしょう、柚子コショウ、ポン酢などで味付けすれば美味しく食べられます

温野菜には野菜を多く摂取できるというメリットもあります。レタスを生のまま食べるとなると、1~2枚が精一杯ですが、温めるとカサが減って半玉くらいはペロリと食べられます(その他、キャベツ等の葉野菜も同様)。

たくさん食べられることで、空腹感を和らげる効果がありますし、ビタミンやミネラルといった栄養もしっかり摂取できるのが◎。

甘い物が食べたい時は?

1 2