1. まとめトップ

「おしゃれすぎる」 ブレイク・ライブリーのスタイリッシュなマタニティ・コーディネイト

「おしゃれすぎる」と話題のブレイク・ライブリーのマタニティ・スタイル。身重でも、しっかりとおしゃれをして元気にNYの街を東奔西走する彼女のスタイルはクールなだけでなく、寒い冬を楽しく乗り越えられそうなヒントがいっぱいです!

更新日: 2015年01月09日

2 お気に入り 13015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jiye195623さん

ブレイク・ライブリー、「世界を変えた30歳以下の30人」のトップに!

『フォーブス』誌が選ぶ「世界を変えた30歳以下の30人」に、ママになったばかりのブレイク・ライブリーが選出! スポーツ、ミュージック、メディア、サイエンスなど各分野で活躍する30歳以下の人が選ばれるこのリスト。

トップで紹介されているのはブレイク。理由は女優としてだけではなく、2014年にライフスタイルサイト「プリザーブ」を立ち上げ、起業家としても活躍しているから! ブレイクはインタビューで「このサイトでは、私が関わっていない部分はない」と断言。サイトで使う画像も、投資家からお金を集めるのも全部ブレイクが関わっているそう。同誌も、ブレイクはEコマースの分野で活躍する人たちのライバルになると分析しているとか! 「何かに到達したという気持ちになることはないと思う。私が尊敬するのは戦い続ける人たち。自己満足したくないと思っている。それは一番悲劇的なことだから」と語るブレイク。今年は起業家としても、女優としても、そしてママとしてもますます輝いてくれるはず!

寒さに打ち勝つのはマルチカラーのアウター

NYの街で圧倒的な存在感を放ち、ひと際目立っていたのがこちらのスタイル。もちろんその爆発力はアウターにあり。オレゴン州のペンドルトンで誕生した伝統あるウールのブランケット、ベンドルトン・ブランケットを使用したリンジー・ソーングバーグのマルチカラーのアウターは、人とは違う個性を放つだけでなく、防寒もバッチリ。普段使いはもちろんブレイクのようにお腹が大きくなるなど、体型が変わっても着られるオーバーサイズのフォルムは一枚あると超便利! ミニスカートにオレンジブラウンのブーツから素肌を覗かせて元気に街を闊歩した。
Text: Rieko Shibazaki

難易度の高い「柄on柄」コーデも果敢に攻める!

ショッピングへと出かけたブレイクは、得意のスタイリング術を駆使してプリントや色の絶妙なミックスマッチスタイルを披露してくれた。まずはループ・カプリのモノトーンチェックのシャツに、クラシックなシルエットのスカートをボタンの花柄プリントがモダンに昇華しているミッシェル・キムのスカートをコーデ。この柄on柄ルックにミッシェル・キムのグレーのウールコートを羽織って、上手にカラーバランスをキープ。シャネルのサングラスとコリーナ・ストラダのバッグで締めれば、モード上級者の頑張り過ぎないクールなコーデの完成!
Text: Rieko Shibazaki

自信のホワイトで幸せをアピール

NYで行われたガラパーティに出席したこの日は、オフイエローのグッチのドレスでレッドカーペットに登場。グッと開いた胸もとをなぞるように装飾されたビジューの輝きが、ブレイクの美しい笑顔を一層引き立てる。ゆるく降ろしたヘアの間から、ロレーヌ・シュワルツのジュエリーをさりげなく覗かせて、グロッシーなメイクで艶っぽく。ポージングをしているだけで、内に秘められた幸せと充実感がこぼれおちてくるホワイトスタイル。自信がなくては着られないこのドレスに、ブレイクの余裕を感じずにはいられない!
Text: Rieko Shibazaki

第一子の妊娠公表後、初めてブレイク・ライブリー&ライアン・レイノルズが公の場に夫婦揃って登場! 2人が出席したのは天使ガブリエルがん研究財団主催のイベント、エンジェル・ボール。同財団は、1996年に当時27歳だった愛娘ガブリエルをがんで失った作曲家で慈善活動家のデニース・リッチによって設立。この夜、まもなくママ&パパになるブレイクとライアンは終始ニコニコしていて、レッドカーペットではラブラブな2ショットも披露!

メンズライクなアイテムをフェミニンに着こなす

ランチミーティングを終えたこの日のブレイク。19世紀フランス人男性のワークジャケットをモチーフにしたLOUPのデニムアウターに、ストライプのボーダーシャツという限りなくメンズライクなアイテムに、クリステニット・シャーロットのフローラルスカートという、フェミニンなアイテムマッチさせて遊び心あふれるコントラストを作りあげた。さらに、アクセサリーを上手に味方につけたブレイク。マイケル・コースの2015年リゾート・コレクションから、ピンクのミランダバッグをチョイスして、コーデをキュート&モダンに引き寄せ、大きなブラックのストールで全体を引き締めた。
Text: Rieko Shibazaki

セックス・アンド・ザ・シティのキャリーがお手本!

マーサ・スチュワート主催のイベントに出席するため、クリスチャン・ルブタンのピンクのヒールで颯爽と街に現れたブレイク。マイケル・コースのトップとフローラル装飾つきのフレアボトムスというオールホワイトルックに、オーバーサイズフォルムのトーマス・サイアスの織模様が印象的なコートで、気分はまるで『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーみたい! 数年前から愛用しているターコイズのステートメントネックレスがホワイトルックによく映える。妊娠中でも極高ヒールをクールに履きこなせるあたりは、さすがプロ。ファッショニスタの底力を見せつけてくれた。
Text: Rieko Shibazaki

スタイリッシュなフォークロアで防寒対策!

11月に入ってから、グッとお腹も大きくなってきブレイク。それでもエネルギッシュにマンハッタンを闊歩する彼女が着ているのは、リンジー・ソーングバーグのアメリカンフォークロアにインスパイアされたステートメントコート。赤と黒のコントラストが印象的な見るからに温かそうなコートは、前を留める3つの大きなトグルもポイントに。アウターの存在感が抜群なので、ブラックのボトムで下半身はすっきりクリアにまとめたブレイク。グッチのバッグを手に、顔色を明るくみせてくれるブライトなレッドのリップをあしらえば、クールにお目立ちすること間違いなし!
Text: Rieko Shibazaki

セレブの鉄板「モノトーン」スタイルは、頑張りすぎずエレガントに

NYにて、今季3枚目となるリンジー・ソーングバーグレッドのアウターを披露したブレイク。今回のカラーはモノトーン! Korovivlasのタイトなノースリーブドレスにオーバーサイズのアウターを羽織り、セクシーなエレガンスとフォークロアスタイルを融合。プライベートでは比較的シンプルなパンツスタイルが多いブレイクだけど、マタニティ・スタイルになってからは、より自由に色やスタイルなどをミックスしたファッションを楽しんでいるようで素敵。このナチュラルな笑顔が今の幸せを物語っているのだろう。
Text: Rieko Shibazaki

ブレイク・ライヴリー、ベイビーシャワーを開催!

ブレイクが着用していたブラウスとスカートは「Sam&Lavi」というブランドのもので、お値段はそれぞれ¥16,000ほど。オンラインストアではどちらも既に完売しているから、影響力は絶大! トレンドセッターとして注目されてきたブレイクのマタニティファッションからも、目が離せない。

自ら運営するライフスタイルサイト「Preserve」で妊娠を発表したブレイク・ライブリーが、新たに写真を公開! “Bringing Up Baby”(赤ちゃん教育)というタイトルで、2人のプレママと合同でベイビーシャワーの開催したことを報告したブレイク。

1 2