1. まとめトップ

シンプルにもほどがある、福井のお雑煮

日本全国地域が違えばお雑煮も変わります。その中でもほとんど話題に上らない福井のお雑煮にスポットを当ててみました。

更新日: 2015年01月07日

8 お気に入り 74538 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ss_koyukiさん

おさらいとして、全国のお雑煮の違い

出典mery.jp

特徴的な具があれば大きく紹介してもらえる。

特徴的な具があれば大きく紹介してもらえる。

繰り返しの発言になりますが、「こんなの入るんだ!」「豪華だね」「名産品が入ってる!」「そんなの入れるなんて聞いたことないよ!」などなど、紹介されるお雑煮は様々な特徴があります。
中にあんこが入っているとか、鮭とイクラがどっさりとか、お餅が焼いてあるとか。

うらやましかったり、出来れば食べたくなかったりいろいろですが、最悪「うちのは普通だよ」「ほかでもよく見るタイプで、これといって特徴がない」という感じに持って行けます。
ちなみに、今までで一番驚いたのは「お雑煮から餅だけ取り出してきな粉を付けて食べる。具はそのままお雑煮(?)として食べる」というものです。
関西地方のほんの一部地域だということですが、本当でしょうか。
とても興味があります。

話題に上らない福井のお雑煮

一応探せば出てくるものの。

どうやら、福井のご当地雑煮は、かぎりなくシンプルなお雑煮が多くみられるようですよ。

そのひとつとして、今回とりあげるのは、赤みその「かぶら雑煮」。

かぶら、というのは方言で、カブのこと。
柔らかいカブに塩気の強い赤みそがよくしみ込み、
爽やかな雑煮です。

手作り田舎みそを溶いた汁に茹でたおもちを入れ、
黒砂糖をのせていただきます。
黒砂糖をかけて食べる習慣は、若狭地方の一部の
家庭で行われているようです。
北前船の寄港地だったことに由来するともいわれて
います。

年末にかけて発行される各社のお節料理のレシピ本などに、いろいろなお雑煮が紹介されることが多いのですが、福井のお雑煮を見かけることはほとんどありません。
たまに載っているのは「具は蕪のみのシンプルなもの」「なんと黒砂糖を掛ける」という感じですが……

情報を探す人もいた

お雑煮を教え下さい。(特に福井県)

一番、知りたいのは福井県のお雑煮なんです。
私の亡き母は福井県生まれで、中学を卒業し、東京で就職、で東京に住む父と結婚しました。基本的には、父にあわせ、鰹だしに醤油味のお雑煮を食べていましたが、正月以外は、たまに、味噌味に鶏肉、ナルト、三ツ葉の入ったお雑煮を食べさせてもらった事があります。それが、美味しかった記憶が。懐かしく思えたんで、福井県のお雑煮の味や具を知りたくなりました。

「海老とかカニとか入ってるんじゃない?」

よく県外の方に言われることですが、越前ガニとかリアス式海岸とか日本海とか、そういったグルメな雰囲気を醸し出すワードがあるだけに、豪華なイメージを持たれることが多いです。
私だけ?

残念ながら、お雑煮に蟹は入っていません。

シンプルすぎて話題にしづらい

特に嶺北地方に多く見られるタイプは下の写真で紹介する通り。
焼いていない丸餅、昆布だし、白みそ仕立て、仕上げに花かつお。
具なんてない。

新潟のお餅といえば切り餅が定番だと思います……我が家のお正月は醤油ベースの豚汁に鮭の切り身を入れ具だくさんの汁を作り、その中に煮た切り餅を入れたものをお雑煮として食べていました。
 嫁ぎ先の福井のお雑煮は昆布出しの具なし味噌汁の中に丸餅が1つ沈んでるだけと言うものが一般的なようで、さみしい思いをしています(新潟出身福井在住主婦さん)

かなりしょんぼりされてる。

お雑煮に入っているのは丸餅だけ。
最初は「母が楽をしたいだけでは?  ウチは具も買えないのか?」と子供心に考えましたが、どうやらよそもそのようです。

そんなシンプルなお雑煮の名前は「坊主」。
いや確かにお坊さんの町やけど! 
相方も「山坊主」やけど! 
作り方は、切り出し昆布2枚でだしを取り、みそをといて丸餅を食べる量だけ入れて煮立たせたら出来上がり。
盛り付け後にカツオ節をひとつまみ乗せて完成。

子供も悩む。

素晴らしく福井らしさが表れているお雑煮。

福井出身の友人たち何人かに聞いたのは、

「白味噌」に丸餅。具はない。
そのかわりハナガツオをた~っぷりのせる!・・・ってタイプ。

我が家のお雑煮です。
なべ底には昆布が敷いてあります。

写真を撮った後、花かつおをどっさり追加しました。

「具は何?」と聞かれたら「花かつおだよ!」と答えるしかない。

福井県の皆さんも知っての通り、福井の雑煮はシンプルですから、私が作ることになりました。

 お店(日本食品店)でお餅とコンブ、お味噌とカツオ節を買ってきて造ったわけです。
丁度こんな感じです。

ところが、評判がすごく悪いんです。

 福井の雑煮ってコンブを鍋に敷いて、お餅を入れて炊き、お味噌で味付けをする。

 それをお椀に入れて、カツオ節を載せて、ハイッ出来上がり!!!
 

 これが普通だと思っていたんですが、日本は広いのか、「こんなのお雑煮じゃない!!」って言われたときには「なんで???」って思いました。

1 2