1. まとめトップ

【iPhone 8】次期アイフォン:iPhone8最新情報のまとめ【随時更新】

アイフォン8発売日、スペック、デザイン、新機能、価格及び、iPhone8予約入荷在庫などの最新情報をまとめてみた。

更新日: 2017年04月13日

234 お気に入り 7339436 view
お気に入り追加

iPhone 8はiPhone10周年で登場?

iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年にあたる記念すべき年で、通常のサイクルなら2017年はデザインはそのままに性能だけを強化した「S」付きモデルのiPhone7sが発売される年になりますが、デザインも性能も大刷新をしてiPhone8として発売されるのではないかという見方が強まっています。

記念すべき最初の初代iPhoneがAppleから発売されたのが2007年6月29日のことです。

そして来年は初代iPhoneが発売されてからちょうど10周年にあたります。

iPhone誕生から10年の節目にあたる2017年には、これまでのiPhoneシリーズとはまた違う、大幅にリニューアルした機種が登場するのではないかと期待されています。

出典新機能、新デザインの『iPhone8』発売日は2017年?

iPhone 8は3機種!

「iPhone8」には5.0インチモデルが追加され、4.7/5.5インチと合わせた3モデル体制になるという噂もあります。

iPhone8(仮)では、まず全面がガラス製になるとのことです。

そして、ゴリラグラス(プラスチックの数十倍の強度)で内部を挟み、表面にはポリカーボネートで覆われるとのこと。

AppleのサプライヤーメーカーでもあるCatcher TechnologyのAllen Horng CEOが記者会見にて「私が知っている限り来年発売されるiPhoneの1つのモデルがガラス素材を採用したものになる」とし「ガラス素材の筐体にするために耐久性の高い金属フレームが必要で高度な技術が必要になり、現行モデルよりも安くはならない」とコメント

出典2017年発売のiPhone8の一つのモデルでガラス製デザインを採用か?

ガラス製ボディで全面ディスプレイ採用

iPhone8の製造を請け負っているFoxconnの工場製造ラインから流出したとされ るiPhone8極秘画像が、中国のIT情報サイトで公開されました。

全面ディスプレイ搭載、デュアルカメラは縦並びに、本体サイズ149.501x72.497x8.624mm、前面カメラが3D対応

2017年のiPhone8は、画面縁のベゼルがなくなり全面ディスプレイとなることで、現在のボディサイズのままで4.7インチが5.0インチに、5.5インチが5.8インチとそれぞれ大画面化する。

「iPhone8 Plus」モデルだけが有機EL(OLED)ディスプレイを採用する、と予測しています。

出典「iPhone8」は本体サイズ維持し大画面化!5.0インチと5.8インチに!? - iPhone Mania

iPhone8の上位モデルにはシャープ製の曲面有機ELディスプレイを搭載する。

iPhone8は全面ガラス製になり、デスクトップを上回る性能を搭載することでVRに対応する...デザイン面に関しては、高い透明度と強度を持つゴリラガラスで内部をサンドイッチした形状で、表面には損傷を防ぐためのポリカーボネート加工がなされるようです。

高画質の有機EL(OLED)ディスプレイを採用

初代iPhoneが登場してから10周年にあたる2017年は、大幅なアップデートがiPhoneに行われると言われています。そうしたなか、iPhone8はディスプレイが高画質の有機EL(OLED)となるのに加え、ボディーはガラス製、システムにはMR(複合現実)を取り入れた画期的な端末になる

出典VRやARのさらに先!iPhone8には「MR(複合現実)」システムが搭載か - iPhone Mania

Apple社が新型iphoneに有機ELディスプレイを搭載することが発表されました。

有機ELディスプレイとは薄くて折り曲げることができるディスプレイで、消費電力も少なく抑えることができる特徴をもっています。
また、Apple社はサファイア素材でガラスや金属部分を保護する技術の特許を取得したそうです。

iPhone8 カメラは?

「iPhone 8」用かはまだ確定していませんが、AppleがLG Innotekとカメラ用の「3D」機能を開発している事がわかりました。

報じたのはThe Korea Economic Daily。
The Korea Economic Dailyによれば、AppleはLG Innotekと共同で「スマホ用」の3Dカメラ技術を開発中だとしています。

3種類のiPhoneが発売されると予想されていますが、この「3Dカメラ」機能が搭載されるとすれば、最上位のプレミアムモデルになると思われます。

ワイヤレス充電対応

出典gori.me

全面4Kディスプレイや大容量バッテリー、薄型化された筐体にワイヤレス充電に対応した「iPhone 8」を想像したコンセプトムービーが公開されていた

Sony、LGとGALAXYが次々とワイヤレス充電機能を最新デバイスで採用したが、この技術は幅広く支持されていなく、アップルはまだついていかないことが鍵となっているだろう。米国特許商標庁(USPTO)に公開されたアップルの特許から見ると、iPhoneでは専用のスタンドに置くだけでチャージできてしまうワイヤレス充電機能を搭載し、急速充電も対応と予想できる。

1 2 3





甘党だがチョコ嫌い(>_<。)