1. まとめトップ

【新iPhone 2018】次期アイフォン:iPhone X・8後継機の最新情報まとめ【随時更新】

2018年発売のアイフォン8、アイフォンXの次期モデルの発売日、価格、デザイン、新機能、予約入荷在庫状況などの最新情報及び、新型iPhone:iPhone SE2とiPhone X Plus、iPhone 9…の違いをまとめてみた。

更新日: 2018年01月22日

259 お気に入り 11189716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iPhone 2018は3機種!iPhone X Plus・iPhone 9・iPhone Xc?

2018年のiPhoneは、「今年の初代 iPhone Xと同サイズの後継モデル」「Xと同じ縦横比で6.5インチ級の iPhone X Plus (仮)」そして「Xと同じオールスクリーン(+ノッチ)のスタイルを採用しつつ、液晶ディスプレイでサイズ中間の6.1インチモデル」の3種類になるかもしれません。

その2つはいずれもiPhone Xと同じく、OLED(有機EL)ディスプレーを搭載する。前者はiPhone Xの第2世代モデルという位置付けで、画面サイズは今のiPhone Xと同じになる。

 一方、6.5インチモデルは、iPhone Xの大型版という位置付けで、マックルーマーズはこれを、仮に「iPhone X Plus」と呼んでいる。

これまでの噂によると2018年発表の新型iPhoneには、3種類のモデルが用意される、全モデルに顔認証機能のFace IDを搭載、とされています。

6.5インチモデルは、iPhone Xの大型版という位置付けで、マックルーマーズはこれを、仮に「iPhone X Plus」と呼んでいる。

3モデルの iPhoneラインナップは、「ハイエンド市場」のさまざまな需要を狙ったものになるという。

クオ氏によると、これらの3モデルは「iPhoneの買い替え需要における真のスーパーサイクル」を促進することになる。1億〜1億2000万台のiPhoneが2018年後半に製造されると予測している。

iPhone SE後継機もが2018年に発売予定

BCNが発表した2017年、最も売れたスマートフォンランキングで3位にランクインしたコンパクトモデルの「iPhone SE」。これまでiPhone SEの後継機となる「iPhone SE2」が2018年前半に発売されると複数報じられている。

発売:2018年Q1(1月~3月)

製造元:Withron(台湾企業。製造は同社のインド工場)

チップセット:A10 Fusion(iPhone 7・iPhone 7 Plusと同じ)

New➾パネル:ガラス製

メモリ:2GB

ストレージ:32GB/128GB (現在のiPhone SEと同じ)

メインカメラ:1200万画素

フロントカメラ:500万画素

認証:3D顔認証「Face ID」

バッテリー:1700 mAh(現在の iPhone SEは1640mAh)

New➾ワイヤレス充電:対応

デザインなど:iPhone Xのように、べゼルレスデザイン&全面ディスプレイ。金属フレーム採用

iPhone SE2は2018年第一四半期中に発売される可能性が高く、少なくとも上半期中に発売されるだろうという見通しになります。

出典【待望】iPhone SE2の発売日がリークされた?最新情報と共に紹介 | UQモバニア

2018年「iPhone SE2(仮称)」※予想
3月9日 (金)発表の告知
3月19日(月)正式発表 第3月曜
3月22日(木)16時1分予約開始
3月29日(木)発売日
「iPhone SE」の時同様、2018年3月の第3月曜日あたりに発表イベントがあれば、「iPhone SE2(仮称)」の予約が3月22日 、発売日が3月29日前後が有力かもしれません

大きさは6.5インチ~大型版iPhone X~iPhone X Plus

「iPhone X Plus」は、iPhone8とiPhone8 Plusの関係のように、iPhone Xの大画面バージョンとしてデザインされた、6.7インチの有機EL(OLED)ディスプレイ搭載モデルです。

画面が大きくなったものの、スペックとしてはiPhone Xと同じA11 Bionicチップを搭載するだろうと予想しています。

しかし、「品薄のiPhoneX、初期出荷台数は1,200万台。iPhone7/Plusのジェットブラックを超える入手困難さ」

でもご紹介したとおり、iPhone Xに使用されている有機EL画面やTrueDepthカメラが不足状態であることからして、iPhone XとiPhone X Plusで同じチップを採用するというのはありえそうな話のように感じます。

低価格の廉価版iPhone~iPhone Xc

中国語サイトのEconomic Dailyが匿名サプライチェーン筋からの情報として伝えるところによると、Apple(アップル)は現在「Lisbon」「Hangzhou」という2つのコードネームの端末を開発しています。この名前はポルトガルのリスボンと中国の杭州市がモデルとなっているようですが、この内のHangzhouがiPhone Xの廉価モデルに相当するようなのです。

1 2 3 4 5 6 7