1. まとめトップ

音ゲーのおすすめボス曲【インスト】

おすすめのインストのボス曲達です。隠れた名曲をお楽しみください。プレイをしたくなたら、ゲームセンターの各音ゲーコーナーで遊べますが、どれも超絶難易度で、簡単な部類でも門前払いされるかもしれません。ボス曲とはいても大量にあるので、時間がある時に更新していきます。

更新日: 2017年08月26日

14 お気に入り 38829 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NEUROさん

BOF2009というPC上でできる無料の音楽ゲームの楽曲コンテストで出場作品206曲中準優勝。のちにSEGAのアーケード音楽ゲームmaimaiGreeNPLUSにボス曲として収録された。曲名となっている「切り裂きジャック」の猟奇性を表現している。作者のsasakure.UKは現在ボーカロイドを使った曲を主に作曲活動を続けている。

GuiterFreaks10th&Drummania9thのプレミアムアンコールという特別な条件でしか出現しなかった幻の曲。今は退社した佐々木博文氏が作曲したプログレ。
ピアノと様々な楽器が綿密に絡み合っていて非常に完成度が高い。現在は普通に遊べるが、最も簡単なBasicでも初心者はまずクリアはできないので実力をつけよう。

beatmaniaⅡDX18 Resort Anthemの最終楽曲。曲名はラテン語で失楽園の意味
DJ.TAKAとwacのユニットによる作曲で壮大なイントロから始まり、ピアノの絶望感がすごい。
余談だが、ゲームでは最終楽曲の位置付なのだが、稼働直後発見されたバグにより一時期プレイできてしまう状況があった。

GUITAR FREAKS V5 & drummania V5 Rock to Infinityのアンコールステージとして登場したムズくてボスい曲。難易度は当時99段階中99。これをほぼパーフェクト率98以上でクリアという無理難題をクリアした極少数のプレイヤーをRock to Infinity というラスボスが待ち受けているのであった。

Jubeat copiousに初登場。圧倒的プログレでジャケットの女の子が誰かに似ているとか似ていないとか。当時は条件隠し曲で、「任意のLv10の楽曲で4人マッチングし、その4人でEXTREMEを全員同時にFULL COMBOする」無理ゲーであったため、達成して解禁しちゃった人と一緒にプレイするとその曲がもらえる「伝導」というシステムで楽曲が拡散していった。

Dance Dance Revolution X2のイベント「Replicant D-action」で登場したボス曲群の中の一つ。オーストラリアを代表するハードコア・クリエーターによる作曲である。ゲームに曲を提供するのは初めてらしいが、かっこいい仕上がりになっている。

初代REFLEC BEATのラスボス曲を勤めた。明らかにボスっぽい曲調とそれに恥じない難易度で挑戦者達を絶望させた。後に「MAX MAXIMIZER」この楽曲を皮切りにいくつもの超絶高難易度のボス曲を世に送りだしていくのであった。

saucer macchiato 10曲目で解禁できる曲。クラシカルな要素やダブステップを取り入れた優雅な雰囲気のアートコア。元々はPCでプレイできる無料音楽ゲーム「BMS」活躍していたアーティスト。

ポップンミュージック19 TUNE STREETのタウンモードで登場した隠し楽曲。Remainや、ジャンル名のRUINOUS SPIRITUALSには廃墟という意味が含まれている。
実際作曲者は、『Remainは廃墟に宿る思い出や記憶、精霊や言霊をテーマに作られています。
「ここに残ってください」という廃墟の気持ちを表現しています』と語っている。

beatmaniaIIDX11 RED の特別な条件を満たした者だけが遊べるONE MORE EXTRA STAGEに登場した曲。
ピアノの綺麗な、また哀愁の漂う曲調で、難易度も超絶。
人間には引けるようには作られていないはずなのだが、実際のピアノで弾いてみたりする猛者がいたりする。

beatmaniaⅡDX19 Lincle Linkで登場した曲。Lincle Kingdom"というイベントの最後に待ち受けるラスボス曲。
当時この曲をフルコンボすると"WONDER WALKER"という隠し曲が遊べるようになるのだが、条件が厳しすぎて、フルコンボできる人は一部しかいなかった。

Pop'n Music 20 Fantasiaの最後の曲。テーマは「現実」であり、ファンタジアの最後に待ち受けるのは現実という意味深な演出となった。

Beatmania ⅡDX17 Siriusに登場したラスボス曲。今作から初めて実装された新システム"チャージノーツ"が猛威を振るう曲となった。

GITADORA OverDriveのPremium Encore Stage に登場した隠し曲。
変拍子とさわやかな曲調が話題となった。

初代jubeatの最終解禁曲。ラスボスの位置でそのむずかしさと風格でカリスマ的人気を誇ったため、当時なんとか解禁しようと貢いだ人も多いはず。

GITADORA Triboostのアンコール曲として追加されたボス曲。さわやかなフュージョン。
アーティストの山本真央樹はニコニコ動画などで活動している。

1