1. まとめトップ

【マッサン】エリーが劇中で歌っていた船の歌はどんな曲?

11/29放送回でエリーの大好きな歌と言っていた曲・実はスコットランド民謡でした。

更新日: 2017年12月24日

1 お気に入り 7459 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gahi_gahiさん

■洗濯しながら手をつなぎながら。。いつも歌っている

マッサン見ましたけど、本人出てないのに、株を上げちゃう鴨居の大将の敏腕ぶりが。あとエリーの歌ですが、♪Give me a boat~のところで、競艇のCMを思い出しちゃってダメだ。

エリーが毎回歌ってた歌の回収が今日。「この海はあまりに広くて泳いでは渡れない 小舟をください愛するひとと漕いで渡ります 」突っ込みどころ満載過ぎる。 #マッサン

エリーちゃんの大好きな歌、大阪の人間は『住之江ボート(競艇場)』を思い出すんだ(  ̄▽ ̄)

■実はエリーが歌っていたのはスコットランド民謡

スコットランド民謡/The water is wide

邦題/悲しみの水辺

『The Water Is Wide (O Waly, Waly)』は、16世紀頃から伝えられているスコットランド民謡(イングランド民謡)。『悲しみの水辺』の邦題も見られる。

■前作の花子とアンでスコット先生も歌っていました

スコットつながり( `ー´)ノ狙っている?

今朝のマッサンでエリーが歌っていました。カントリーシンガー達も好んで歌うスコットランド民謡。花子とアンでもスコット先生が歌っていたそうです。 m.youtube.com/watch?v=7EfHZt…

この曲はマッサン劇中でエリーが歌うスコットランドの民謡です。 実は前作花子とアンでもスコット先生が歌っていた曲なのです。 英語を直訳すると海は広いよなどと言う感じかと思うんですが邦題は悲しみの水辺とされています。

エリーの好きな歌って、花子とアンでスコット先生が歌ってた歌だよね #マッサン

エリーが大好きな歌って歌ったのは花子とアンのスコット先生が祖国の恋人を思って歌ったあの歌だー(^o^) #マッサン #花子とアン

#マッサン でエリーが歌った曲は、#花子とアン でスコット先生が歌っていた「T}he water is wide」ですね。悲しい歌だと思ってたけど・・。

マッサンでエリーがスコット先生と同じthe water is wide をうたってたので反応しちゃった。素敵な歌だね〜。

この歌、スコット先生も口ずさんでたスコットランド民謡でもあるけど、エリーちゃんの聴いてると、少しずつ元気になっていけるようなで

■”悲しみの水辺”というだけあってやっぱり切ない曲

この「The Water Is Wide」。美しいメロディが愛されていますが、海の向こうへ思いを馳せるという少々悲しい歌でもあります。

The water is wide, I cannot cross over.
And Neither have I wings to fly.
Give me a boat, that can carry two,
And both shall row, my love and I.

広い海の向こうに渡りたいけれど、翼を持っていない。
ボートがあれば、愛する人と二人で力を合わせて漕いでゆけるのに。

まさにドラマでエリーが歌っていた部分・11月放送の複線回収もできましたね

続いて二番の歌詞。

Now love is gentle and love is kind
The sweetest flower when first it’s new
but love grows old and waxes cold and
fades away like morning dew

恋の訪れは素晴らしく温かく心和ませるけれど、
時が過ぎると、いつかはその輝きは失われ、
朝霧のように消えてしまう…。

そして最後に、五番の歌詞。

O love is handsome and love is fine
And love’s a jewel when it is new
but love grows old and waxes cold
And fades away like morning dew.

愛は素晴らしく優しい、その訪れは宝石のよう
けれど時が過ぎ、いつかはその輝きは失われ、
朝霧のように消えてしまう…

■日本人アーティストもカバー

白鳥英美子、ルクプル、竹内まりやなどなど、さまざまな歌手によってカバーされています。

曲が入っているCDは現在捜査中( ..)φメモメモ

■歌が大好きなエリー、今後も色々歌ってくれる?

こちらもどうぞ>>>

1 2