1. まとめトップ

【翻訳】Birdy talks writing songs for The Fault in 〜

本まとめは2014年6月3日sugarscape.com掲載記事、「Birdy talks writing songs for The Fault in Our Stars soundtrack: ~」の和訳となります。

更新日: 2016年11月21日

0 お気に入り 1973 view
お気に入り追加

【独占インタビュー】「きっと、星のせいじゃない。」サウンドトラックへの作曲をバーディーから: 「私はその本に惚れ込みました。とても生の感情のものです。」

「The Fault in Our Stars/きっと、星のせいじゃない。」の内容は多分もう一週封切られないだろう、けれどこの全くの意味は素晴らしい映画サウンドトラックの各曲の一語一語を学ぶもう一塊の時間を余分に得たということなのだ。

彼女はThe Fault in Our Starsサウンドトラックに楽曲を提供したEd Sheeran, Charli XCX, GroupLoveなどなど、そのオールスターラインナップの中に名を連ね、そのサウンドトラックには3曲もレコードしています。何が彼女をこうもガスとヘイゼルのストーリーに感激させるものだったのでしょうか、Birdyさんにインタビューしました。

Birdyさんこんにちは。そのストーリーはあなたに何を意味するものなのか少しだけ教えて。また歌の背後にはどんな想いがあるのでしょうか?

とても心動かされる多感なストーリで、私はその書籍と彼らの関係がそれは生でどれだけ価値のあるものであるのかということに惚れ込みました。「Not About Angels」はどうヘイゼルが結末は関係ないことと気づき、本当に真実で大切にするべきものを愛すようになるかについてのものです。「Tee Shirt」と「Best Shot」はもっと、彼らの関係の始めの切望やエキサイトメント、その関係がそれは簡単に大きくなっていくこと、深まっていくことにインスパイアされています。

※「私は眠りに入るように彼と恋に落ちた、ゆっくりと、そしていっぺんに。」
I fell in love with him the way you fall asleep. Slowly and then all at once. - Hazel Grace
※「だがしかしイエス。俺は頭文字Sが'Always'持っている何かを信じている。私は自分の選択が好きだ。彼女が彼女の選択を好いていて欲しい。」
I believe in Something with a capital S. 'Always' have. I like my choices. I hope she likes hers. - Augustus

映画に参加する前もその本のファンだったのですか?

いいえ、本を知りませんでした。でも読んだら大好きで、それですごくインスパイアされて曲を書きました。上映も見に行っているんですが、それはもうすごく美しかったです。それを見れて雰囲気と、どんな歌がフィットするだろうかというのを本当に理解することができたと思います。

サウンドトラックは大変見事なアーティストたちのミックスだ。アルバムでお気に入りの他の人のトラックは?

エド・シーランさんの「All Of The Stars」は本当にすごいです。また私はジェイク・バグさんのファンで、「Simpe As This」は彼の歌の中で私のお気に入りです。

サウンドトラックに参加しているアーティストの中で一番一緒に仕事をしてみたい人は?

最近インクレディブルなリッキ・リーさんのコンサートに行ってきました。いつかリッキ・リーさんと是非一緒に仕事がしたいです!

クリスティーナ・ペリーさんとのツアーはどうでしたか?ツアーのハイライトは?

アメイジングな時間を過ごせました。ハイライトはラスベガスでのマイバースデイで、うちの家族がサプライズでイギリスから来てくれたんです!それで私たちはみんなでシルクドソレイユに行って、ショーのビートルズラブを見てきました、ワンダフルでした。

次のアルバムはもう考え始めているので?またどんな音になるのか、私たちが何を期待できるのか何かヒントは?

自分は年がら年中作曲しています。多くはギターです。今のところ今までより明るくてもっとアップビートです、なので乞うご期待です!

※watch this space! - 乞うご期待

姉妹項

1





Birdyさんの信じがたい才能を追うと共に和訳している身体サイズ完全1テイラー・スウィフト長の者です。
いやいや、本職は必ずBirdyを勝たせる、いや、Birdyに勝ちをとって頂きたい。