1. まとめトップ

サンフランシスコ・エリア(San Francisco)

アメリカ西海岸の港町のイメージで構成されたエリアである。

チャイナタウンやフィッシャーマンズワーフなどを見渡す魅力溢れる街並みを体験できる。

■アトラクション

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド

バックドラフト

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド(Back To The Future - The Ride)は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を基に製作されたアトラクション。

1つのドーム内には8人乗り、計12台の油圧制御のデロリアン(ライド)が設置されており、アイマックスでドーム内に投影される映像に合わせてライドが上下左右に動く。

全てコンピュータで統括制御されている。かつてこのアトラクションのスポンサーはトヨタ自動車であったが、この8人乗りデロリアンはトヨタ製ではない。

ゲストはフューチャーテクノロジー研究所が開発したタイムマシン「デロリアン号」の体験乗車参加者となる。

しかしデロリアンは悪者ビフによって乗っ取られてしまいデロリアン開発者のドク・ブラウン博士は身動きが取れなくなってしまう。

そこで参加者がもう一つのデロリアンに乗りビフを追いかける時空の旅へと出発する。

バックドラフト

バックドラフト(Backdraft)は、映画「バックドラフト」を基に製作されたバックドラフト現象を実際に体験することが出来るアトラクション。

アトラクションは3つのステージに分かれており、ゲストは1つずつのステージを見て回る。1つのチームにクルー1名が同伴してくれる。

1ステージは、映画「バックドラフト」の監督『ロン・ハワード(日本語吹替え:平田広明)』のインタビュー映像と映画撮影中時の『カート・ラッセル(日本語吹替え:石丸博也)』『スコット・グレン(日本語吹替え:納谷六朗)』のインタビュー映像が放映される。

2ステージは、火災シーンの撮影が行われているスタジオに移り、火災シーンの撮影が行われている様子を見学する。

そして最後の部屋、3ステージでは、映画「バックドラフト」のシーンを再現したセットがある部屋に移り、実際に「バックドラフト現象」を体験することが出来る。

1





567891234さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう