1. まとめトップ

【必見】コンビニスイーツの恐怖!キレる原因?!お菓子は本当に麻薬だった!?

みんな大好きコンビニスイーツの知られざる恐怖・・・ 麻薬のような食べ物!?悪い油と添加物の塊だった!? 食の安全/ダイエット/食品/健康/お菓子

更新日: 2017年02月13日

42 お気に入り 75368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

beautttttさん

皆が大好きコンビニスイーツ。安い、美味しい、手軽!しかし・・・

コンビニのスイーツ系って美味しい。 どっかのレストランで、形だけ整えたコンビニスイーツ出されて「本日のクレームブリュレ(¥700)でございます」とか言われたら納得する自信ある。

@Oo_secret_oO 最近のコンビニスイーツは美味しいものが多くて幸せです←

最近バイト終わりに近くのコンビニで値引きスイーツを買うのが習慣になってる 太ると解っていてもやめられない止まらないバナナオムレットウマウマ

美味しいものにはやめられない理由があった!

砂糖をたくさん摂取している人は、それなしで生活するのは非常に困難になり、ずっと食べずにいると禁断症状を起こしてしまいます。

スイーツにはコカインのような中毒性がある

砂糖入りの飲料や脂肪を多く含む食べ物が中毒症状を起こすことが動物実験で示されたほか、肥満や過食症の人の脳のスキャン検査では薬物中毒患者に見られるのと類似の報酬回路の乱れが見られる。

そもそも白砂糖がダメ!?

老化を早め、肌のシワが増える。

がん細胞が増殖するリスクが高まる。

花粉症やアレルギーの原因になる。

砂糖を分解する際にビタミンBや体内に蓄えられたカルシウムが奪われることにより骨がもろくなったり、深刻な疾患を引き起こしたりする原因となる。

免疫力の低下につながり、風邪を引きやすくなる。

できるだけ精製されていない糖類がいいとのこと!

白砂糖を多く含む菓子類を沢山食べる子供は「集中力がなく、思考力も減退し、短気でイライラしやすい」

最近の子供たちは「キレやすい」と言われますが、その原因の一つは精製糖の過剰摂取

小麦粉もダメ!!!!?

食べ始めると”続けて食べたくさせる不思議な力”を持っているのが粉物だそう

最近の小麦粉は品種改良されすぎて、もはや人間に害を及ぼすレベルまで品種破壊をされている

小麦はそもそも日本人の腸にはあまり合わない

特に腸壁・腸の絨毛(じゅうもう)にへばりつき、腸の機能をにぶらせ、腸を痛め、腸内環境を乱します。

アルコールのように人を酔わせるものを除けば、中枢神経系に影響を及ぼす食品として、人の行動を変え、幸福作用を持ち、禁断症状を引き起こしかねない食物は小麦くらいである。

乳製品って表示されていたら・・・

使われている添加物はもっと怖い!!?

とろみや食感を出すために使われる添加物の一つ増粘多糖類は、一品目を追加した場合はそのまま表示されますが、二品目以上追加した場合は、“増粘多糖類”としか表示されず、何が使用されているのか分からないのです。

安全性の高いものも多いのですが、カラギナン、トラガントガムは発がん性とがん促進物質であることが、ファーセレランは催奇形性の疑いがもたれています。

何が使われているかわからないなんて・・・!
シュークリームやケーキ類など、クリームをつかったスイーツには頻繁に使われています!

油類も・・・

植物性マーガリン・ソフトマーガリン・植物性ショートニング、これらは常温で固形です。
窓際に何年おいてもかびも生えないし、虫が卵を産みつけもせず、ねずみやゴキブリも食べません。

はっ・・・マーガリン、某ロールケーキにも使われている!!!

1 2