1. まとめトップ

効果を感じたツボ押し【美白編】シミ、くすみ、色素沈着、くまをじわじわ美白する

素肌を鏡でよく見ると、大小様々で茶色かったりグレーっぽかったりするしみやら、目の周りのくすみやくまやらが点在しています。美白するなら「+ツボ押し」を。代謝を高めて血流を良くするので効果がぐんぐんアップします。美白してなくてもツボ押しを習慣にすると肌の透明感を維持できるようです。

更新日: 2016年02月19日

shino-aさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
171 お気に入り 50560 view
お気に入り追加

しみ、色素沈着は、血行不良や内臓機能低下によって皮膚の新陳代謝が低下して引き起こされることもあり、ツボ指圧によって代謝機能を高めることで肌のターンオーバーが活発になり、透明感のある美白肌へと導くことができます。

代謝力が低下する冬場にピッタリ

美白美容液やクリームをつけた後にこのツボ押しをすると代謝も高まり、くすみのない透明感のある肌をゲットする近道になります
「冬は美白のチャンス」紫外線の影響が少ない季節だからこそスキンケア・サプリでの美白の効果が出やすいし、夏の紫外線の記憶をリセットしておく絶好のチャンスですから。

普段のお手入れにツボ押しで鬼に金棒ということだ(^^)

生活の合間や、一日の始まり、終わりなどに美白のツボを刺激する習慣をつけてみましょう。同時に、美白化粧品を利用して、肌表面からも十分な美白効果を得たいものです。

攅竹(さんちく)左右の眉頭のくぼんだ部分にあるツボ。ここを親指の腹で上に持ち上げるように、イタ気持ちいいくらいの強さで押しましょう。目の周りの血流を促し、くま、目の疲れを改善。

ちょっと押すと重い痛みが・・かなりの血行不良??

さん竹(さんちく)肌のくすみに効果があるツボです。血行促進と、代謝を高めるのに効果があります。場所は、眉頭の1番内側です。

攅竹は、アンチエイジング効果の高いツボで、顔のシミやそばかす、くすみなどに効く美白作用や、しわ・小じわなどの肌老化に有効なツボです。

四白(しはく)くまや眼精疲労、目の下のたるみ改善に効果的で、目元の若返りに◎。

黒目の下(指1本分くらい)にあります。
指の腹を3〜5秒ゆっくり押し込むようにして、ゆっくり離していきます。3回繰り返すとじわーっと温かくなる感じです!

押し込むようにする時に指の腹をぐるぐる回すようにするのもいいようです

四白(しはく)頬の血行を促しながら、顔の筋肉を和らげ、顔のむくみを解消。小顔効果に期待できるつぼ!
顔全体の血流を良くし肌の調子を整え、透明感のある美肌へ♪シミ解消にもオススメなツボ。

太陽(たいよう)眉毛の外端と目じりの中間の1指(1寸)後ろのくぼみにあるツボ。
人差し指または親指の腹で刺激する。

すっきりします!

太陽(たいよう)
顔のシミ。
肌の生まれ変わりを促すツボで、出来ているシミを薄くする効果があります。

肌の生まれ変わりを促してくれるのは有り難い

小奬(しょうしょう)「あご」の真ん中にある「くぼみ」にあります。美容ツボとして「顔のたるみ」「シミ」にも波及効果が期待できます。

下唇から指1本分くらい下りたところにぽこっとくぼんでいる場所があります。両手中指の腹を重ねてぎゅーっと押すと痛気持ちいいです。

小奬(しょうしょう)にきび、肌荒れ、しみ、そばかすなどの肌の悩みを改善してくれるツボです。顔の血行を促進し、肌の代謝を高めてくれるため、皮膚の乾燥などにも効果があります。
色素沈着は、血行不良による新陳代謝が低下して引き起こされることもあり、ツボ指圧によって代謝をあげて残さず、透明感のある白い肌へと導くことができるのです。

築賓(ちくひん)というツボです。
しみ、そばかす、色素沈着に効果を発揮するツボで、冷え症、疲労などにも効果のあるツボです。

押すと足指がしびれるような感じがしました。末端の血流を良くする効果が感じられる。顔も末端と言えるのでメラニン代謝が良くなるんだと思います。

築賓は、足の少陰腎経という経絡上にあるツボです。下半身の血流を促して全身の血流を促進し、冷えからくる新陳代謝の低下、肌のくすみ、脚のむくみなどを改善します。血行を促すことでターンオーバーを改善し、肌をワントーン明るく導きます。シミ・色素沈着に有効な「美白のツボ」として知られています。

【注意】跡がつくまで押さない!

いずれも皮膚の薄いデリケートな場所であるため、人差し指を軽く曲げた関節部分を使って、跡がつかないようにゆっくり押してください。事前に蒸しタオルなどで温めておくと、さらに美白効果が高まります。

1





shino-aさん