1. まとめトップ

主婦が交通事故で家事が出来ない・・・当然、休業損害はしっかり請求して下さい!!

主婦が交通事故の被害に・・・示談交渉でコレだけ知っていれば、騙されない!!当たり前だけど、主婦だって家事の休業損害を請求できるんです!

更新日: 2015年05月29日

5 お気に入り 15692 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

masyan0238さん

休業損害とは?

休業損害とは,交通事故によって傷害を負ったために休業を余儀なくされた場合に,交通事故による休業がなかったならば得ることができたはずの収入・利益を損害として賠償請求できるというもの。

◎傷害事故の場合

後遺障害のない傷害事故の場合には,交通事故による受傷から傷害が治癒して仕事に復帰できるまでの間の休業について,休業損害を請求することになります。

◎後遺障害事故の場合

後遺障害が残ってしまった傷害事故の場合には,交通事故による受傷から症状固定時までの間の休業について,休業損害を請求できます。

◎死亡事故の場合

死亡事故の場合には,交通事故による受傷から死亡時までの間の休業について,休業損害を請求できます。

ここで疑問が一つ!主婦は家事で収入を得てないんだけど・・・

【家事】という仕事に従事していると見なされるため当たり前ですが家事を休んだ分として休業損害を認めてもらい、休業として保障されます。

家事を休んだ分は保障されて当たり前です。

主婦の休業損害は、最高裁昭和50年7月8日判決にも!

専業主婦の休業損害は、賃金センサスの女子労働者の全年齢平均賃金を基礎にすべきであると最高裁で判決が出ています。

主婦の休業損害は、1日あたり9,751円と考えられます。

平成23年の女子労働者の全年齢平均賃金は3,559,000円です。

3,559,000÷365=9,751円

※パート収入がある主婦の場合、平均賃金よりもパート収入の方が多い場合には、それを証明することで、パート収入の方が休業損害になります。パート収入分が平均賃金に上乗せされるわけではありません。

ところが・・・保険会社との示談交渉では

これは自賠責保険基準において休業損害は,実休日日数1日当たり5700円が原則となります。

損保はひとまず5,700円で提示して相手の出方を探る傾向があります。

1日5,700円という金額に満足する人もいると思います。

賃金センサスで算定した金額で請求して下さい!

本当は1日1万円弱の金額を受け取れる可能性があるわけですから、示談交渉の際には損保側の言いなりにならずに、最高裁の判決を盾にこちらの意見を主張しましょう。

では、休業補償にあたる日数は?

家事は年中無休なのだから、例えば4/1~4/30まで家事を休んだ場合30日分保障されなければいけないと思うのですが保険会社は認めてくれません。

関連リンク

1