1. まとめトップ

japan patriots newsという、デマサイトについて その1:明らかな盗用

japan patriots news というサイトがあります。シンプルに言えば、デマサイトです。よりわかりやすく言えば「Twitterのプロフィール欄に『普通の日本人』とか『保守派』とか書いてしまう人が『信じたくなるような内容』を垂れ流す」クソデマブログです。何回かに分けて、ご説明差し上げます。

更新日: 2015年05月26日

2 お気に入り 14045 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LNMさん

最初に:japan patriots news とは

その1:「他で検証でき、ある程度妥当と思われる記事3件は全てAFP通信の盗用であった」

まず最初に「経験を積んだ記者」が記事を書いている筈の「ネット新聞」として、最も信用性を失わせるに足る事実です。以下の3件の記事については削除されています。有り体に言えば、このまとめの編集者が盗用元のAFP通信に通報後、しばらくしたら削除されました。ただし、一切の説明も謝罪も弁解もなくです。

AFP.BBのお問い合わせフォームより記事盗用の件を報告した物への返信。
別に信じなくてもいいですが「japan patriots news における、AFP通信の盗用と思われた記事は全て削除された」というのは動かしがたい事実です。

1-1 2014年11月5日 アメリカ中間選挙

盗用元記事。赤線部分は削除・赤囲み部分は改変です。

盗用記事。「偶然の一致」ではあり得ないレベルに同一の文章ながら、(C)表示を書き換え、つまりは「自分の書いた文章だと主張」しています。
あえて言うならば「共和党の過半数獲得」を「民主党の記録的大敗」と主客・勝敗を転倒させている部分がオリジナルでしょうか。

1-2 2014年11月7~8日 メキシコ高速鉄道、中国勢の受注取り消し

盗用元記事。赤線部分は削除・赤囲み部分は改変です。

盗用して書いた記事。「偶然の一致」ではあり得ないレベルに一致した文章を「著作権表示」の(C)のみを改変して、つまりは「自分が書いた記事だ」と主張して発表。

1-3 2014年11月10日 韓国の年金制度

盗用元。大幅な削除がなされています。

盗用元の記事より、3件の中で最も多くを削除しています。理由としては「固有名詞が多い」為、発覚する可能性が高まる事を懸念したからでしょうか。
賃金ピーク制度において「政府・事業主・労働組合の三者で合意」したものを、わざわざ「労働組合」のみを削除。
それを受けての「高齢者の使い捨ての懸念のある年金法改正に韓国では批判が集まっている」は創作。実際に現地で好意的に受け取られていない可能性もありますが、盗用元記事にはない物をわざわざ付け足しています。

また、AFP通信からまとめ作成者への返信メールの通りならば「AFPから対応を求められてから、なおも記事の盗用をした」事となります。

まずもって「新聞を名乗りながら他社の記事を盗用し、あまつさえ(C)表示を書き換えて自身の執筆と言い張る」ようなサイトが「1000人を対象とした世論調査」を行っているだとか、他の記事は真面目に、誠実に取材して執筆しているだとか、そういう事が有り得るでしょうか?

その2「世論調査の数字がおかしい」(お前、算数できないの?)に続きます

1