1. まとめトップ

はじめての同人活動 <<サークル参加編>>

同人活動してみたい!イベントで自分の作った作品を領布・配布したい! でも申込みとかどうするの?という超初心者同人の方に、サークル参加の流れをまとめてみました。

更新日: 2015年01月22日

amidamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 222816 view
お気に入り追加

同人活動といえば、イベントに直接サークル参加も活動の一つ。

好きなアニメや漫画などの作品を見るだけでは足らず、情熱を持て余してイラストを描いたりして・・・その情熱を他の方に見てもらいたい!という方も多いと思います。

「でも・・・同人イベント(同人誌即売会)ってどう参加するの?」という方も多いのでは?
同人イベントの申し込み方から、準備、当日の楽しみ方をまとめてみました。

もくじ

■同人イベント・同人誌即売会って?
■参加する前に
  L一般参加する・漫画レポート

■申込み
  Lイベントを探す
  L申込みの注意
  L申込み時の用語

■イベントまで準備
  L案内書の確認
  L領布物の制作
  Lネットでの告知
  L絶対必要なもの
  Lあると便利なもの

■イベント当日
  L開会前
  L開催中
  L閉会時

■参考にしたサイト
■まとめ

そもそも 同人誌即売会(同人イベント)とは

個人(個人サークル)や仲間同士のグループで結成した同人サークルが製作した同人誌を発表・頒布するイベントのこと。

同人作品を発表し「頒布する(配布する/売る)」人は、「サークル参加者」といいます。

ネットで交流している方と対面する機会の場でもあります。

同人イベント(同人誌即売会)に サークル参加する前に

同人即売会(イベント)そのものに参加したことがない方は、一度一般参加で遊びに行くといいかもしれません。

雰囲気・売り方など、サークル参加の大まかな流れがつかめると思います。

直接イベントに参加する機会が持てない場合は、
イベントレポートでもなんとなく雰囲気はつかめると思います。

サークル側の感じていることも書いてあったりします。

同人イベントでサークルとして参加するために

1.同人イベントを検索
  
2.申込書を記入して申し込む

3.イベントの準備

同人イベントを検索する

・Webで検索する

・チラシ・広告をさがす
(アニメ・同人店や同人誌即売会のチラシ置場など)

・人づて
(同人友達からや、Twitter・フェイスブック・LINEなどのSNS)

主な同人イベント

イベントに申し込む

申込み書、申込み内容はイベントによって異なります。

イベントによっては
オンライン申込み・郵送申し込み・直接申込みができるところがありますが、個人主催は郵送申し込みが多いです。

注意書きを熟読してから記入してください。

申込み時の注意

まず、申し込む前に申込書をよく読むこと!

申込書には、参加のための条件も書いてあることが多いから
きちんと目を通して、条件を満たしているか確認してから申込むのよ!

申込みの時には「必要事項」は全て記入すること。

住所、氏名、サークル名は、サークル参加するためには必要不可欠ね。
それ以外でも、出来るだけ申込書に空欄がないようにした方がいいわよ。

サークルカットは印刷に出るペン、インク、トーンを使って描く

それと、パンフレットでのサークルの顔とも言える「サークルカット」
ここにはイラストを描いたり文字を入れたりするんだけど、
描く時に使う道具は、基本的には原稿の描き方と同じで
ちゃんと印刷に出るペン、インク、トーンを使って描きましょうね!

鉛筆やボールペンはダメ!っていうのも多いわ。

出典yaplog.jp

指定の場所にサークル名、イラストを描く。

ジャンル・領布物なども書いてあると親切。

オンライン申込みのサークルカットも、指定された形式のデータで

オンライン申込みでも同じで、サークルカットをデータで作るのも
注意事項をよく読んで、指定された形式のデータで送りましょうね。

申込み時の 専門用語

スペース

「サークルスペース」 とは、
同人サークル が 同人イベント などで自分の作った 同人誌 などを持ち込んで頒布するために サークル参加 した際、イベント会場 に 主催者 が用意してくれる 「スペース」(折りたたみ式の長机とイス、および 島 (複数の机を並べたひとかたまり) の中の床のことです。 
「SP」 とも呼びます。

 また1つのスペースを 「1SP」、2つの場合は 「2SP」 と呼びます。

1 2 3





オタクです。
イラストの描き方・デザインなど
同人活動、同人誌即売会、コミケに関する情報と、
LINEスタンプ作成方法を主にまとめていきたいと思います。