1. まとめトップ

japan patriots newsという、デマサイト その2:数字のおかしな「世論調査・研究」

japan patriots news というサイトがあります。シンプルに言えば、デマサイトです。よりわかりやすく言えば「Twitterのプロフィール欄に『普通の日本人』とか『保守派』とか書いてしまう人が『信じたくなるような内容』を垂れ流す」クソデマブログです。何回かに分けてご説明いたします。その2

更新日: 2015年05月26日

1 お気に入り 11796 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LNMさん

最初に:japan patriots news とは

「他でも確認できる記事については全て盗用しており『報道機関』としての信用性が大いに疑わしく1000人を対象とした調査を行うことが出来るとは思えない」点に立脚するのでその1を御覧ください

その2 「世論調査」「研究結果」として報じられる物の数字が極端に偏っており、騙されようがない。

2-1 女性が結婚相手に望む最低年収の平均額が761万円であるというのが「記事中に出ている数字だけで」不自然さが分かる

JPNが行った世論調査によれば、女性が結婚相手に望む最低年収で最も多かったのは「800万円代」で61%だった。次いで「1000万円代」が17%、「700万円台」が6%、「2000万円以上」が3%と続いた。
世論調査はJPNが10月に実施。調査対象は18歳以上の女性1000人で、大阪・名古屋・東京の3都市で行われた。

今から否定される数字ですので、信じないほうがいいですよ?

まず最初に。「○○人の平均」を出す際、最後にやる計算といえば「合計値を○○で割る」です
つまりこの統計における「761万円という平均値」に「1000人という、調査対象人数」をかけると「全員が出した希望最低年収の合計値」が求められます。

761万円×1000人=76億1千万

次に、この76億1千万から、各金額を回答した層の「取り分」を引いていきます
全 数100%1000人 76億1000万
0700万06%0060人 04億2000万
0800万61%0610人 48億8000万
1000万17%0170人 17億0000万
2000万03%0030人 06億0000万
合 計 87%0870人 76億0000万
残 り 13%0130人 00億1000万

不自然さの指摘として重要になるのは「130人」で「残り1000万円」を分け合うこの構図です。
希望最低年収の数字を出していない130人で1000万を割りましょう。
1000万/130=7万6923円
「平均すると『最低年収7万7千円弱でいい』という人が130人いる」事になります。
さすがに不自然ではないでしょうか?

「7万7千円が130人ではない、500万の人が二人いるのだ」だとすると
「128人は完全に無収入でもよいと回答」になります。

また700万円台の人が60人、800万円台の人が610人いるにも関わらず「残り1000万」なので「600万円台/以上」となると2人以上存在できません。

「700万円台を希望したのが60人の後に、600万円台はいても1人だけ」
「700万円台を希望したのが60人の後に、500万円台がいても2人まで。その場合、残り128人が一切収入を問わないと回答」


「質問に最初から700万以上しか選択肢が設定されていなかった」ならば有りえるかもしれません。
この場合「希望年収700万円未満の回答が存在していない世論調査」の妥当性が強く疑われる事になります。
また「端数の1000万円はどこから出てきたの?」になります。
「回答は選択肢式ではなく、金額を自由に書き込む形式であり、記事に載せている○○以上/円台は後から区切ったものである」場合、上記の「○○円以上」や「○○円台」を「○○円」で足して計算したのは「最低値」になります。
つまり「端数1000万」は「数字の出ていない13%」ではなく「700万円(台)以上を希望した87%」に足されて行きますから「異常に希望年収の低い130人」の回答した金額は上記の「平均して7万7千円程度」より、むしろ減ります。

「世論調査の妥当性が疑わしい」と書きましたが「そもそも世論調査を行っていない」「『高望みをする女性』をバッシングする為にしてもいない調査の結果を捏造したが、上記の算数レベルの検算すら行わなかった」可能性が、極めて高いと思います。

明治安田生活福祉研究所は7月10日、「結婚」をテーマとする調査結果を発表した。調査期間は2014年3月21日~24日、全国の20歳~49歳の男女3,616人を対象にWEBアンケートで実施された。

結婚願望がある20代~30代の未婚女性を対象に、結婚相手に求める最低年収について尋ねた結果、20代では57.1%が、また、30代では実に65.5% が「400万円以上」を希望していることが明らかとなった。

2-2 「IQが78%高い」という時点で「IQ」という数字がどういうものかを分かっていない

個人の政治思想とIQの関係性の研究結果を発表した。発表によると保守的な人のIQは、リベラルな人に比べて78%高く、保守の傾向が強まるほどIQが高かった。

今から否定される数字ですので、信じないほうがいいですよ?

知能検査は、高いほど知能が高いことを、低いほど知能が低いことをあらわす。従来の知能指数は「精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100」の式で算出される。知能指数は100に近いほど出現率が高い(人数が多い)。50–70は軽度知的障害、35–50は中度知的障害、20–35は重度知的障害とされるが、40未満を測れない検査も多い。

知能段階    ウェクスラー式IQ この段階の割合
非常に優れている 130以上     2.2%
優れている    120–129     6.7%
平均の上     110–119    16.1%
平均       90–109      50%
平均の下     81–89     16.1%
境界線      70–80      6.7%
知的傷害(認知症を含む)69以下   2.2%

複数の尺度がありますが、ウィクスラー式の分布を使用します。

例えば「ある課題をクリアする能力が78%高い」だの「同じ問題を解く速度が78%速い」ならば「とても疑わしいが、指摘はしにくい」という「しっぽを掴ませない」内容に出来たのですが。安直に「IQ」と書いてしまったのが失敗ですね。

仮置きのリベラルのIQ:78%高い保守派のIQ
標準値      100:178  「非常に優れている」中でも天才とか言われるレベルですかね
知的障害上限   69:122.82 ウィクスラー式の「優れている」
知的障害     56:100   保守派の平均が標準値100の場合より逆算

保守派側のIQが100の場合がリベラル側のIQが56で「知的障害」となります。
リベラル側を「知的障害」の最大値69にした場合、保守側のIQは122.82
この時点で「人口1割に満たない保守派」「9割以上を占める知的障害のリベラル」という
社会そのものの運営が正常に行われているか疑わしい想定になってしまいます。
[20141210追記]
(そもそも、知的障害(知能指数69以下)も2.2%なので矛盾を生じますが。)
[追記ここまで]

また、知的障害と判断されるレベルに「リベラルの平均的な知能指数が低い」のであれば
「『リベラル』であるという思想を言語化、論述すること自体が困難」であり「その人をリベラル思想の人であると定義して調査する」事すら困難ではないでしょうか。

逆に「リベラル側のIQは標準的な100程度ある」との想定にしてしまうと「保守派であれば平均IQ178程度」です。
上記のウィクスラー分布からしてより有り得ませんし、なおも「保守思想ならばIQが78%高いのだ」と主張するならば、おそらく「保守思想」の持ち主は1%に満たないマイノリティなのでしょう。

ただし、記事中には「リベラル/保守の調査対象は各々○○人」との記述は一切ありません。
まぁ「リベラル/保守の各々の、ある程度のボリュームがある人数での平均値」と「文章中に一切書いていないが、想像してやりました」
どうせ存在していない調査なんですが「そういう設定で読んで欲しかった」のでしょうし。

まぁ、その「多人数で調査した」想定でこそ、より大きく数字が間違っていて捏造としか推定し得ないという話になります。
例えば「知的障害者でありながらリベラル思想の人1人」と「極めて知能が高いことが前もって証明されているの人1人」とを比較したのかもしれません。
この場合「リベラルに比べて保守派の方が78%高い」と言った強弁は可能ですね。
ただし「政治思想がリベラルかどうかを特定出来る程度には知能が高い」人でないといけないので、それなりにハードルは高そうですが「IQ100のリベラルと、IQ178の保守派を一人ずつ」ならば用意出来るかもしれません。

もちろん、そんな調査に価値はありませんが。

そして
>保守的な人のIQは、リベラルな人に比べて78%高く、
>保守の傾向が強まるほどIQが高かった。
と書いてあるので上記の「リベラルと保守が1対1なら、こういう数字を作れる」という言い訳すら成立しえません。やっぱり「設定」の通り、多くの人を対象とした平均値というつもりでしょう。
「低度の保守派から高度の保守派までの平均値でリベラルの平均値より78%高い」のであれば「最も保守的傾向の高い個体のIQ」って178にはとどまらないでしょうね。300とかあったんでしょうか?

まぁ結論として「数字が不自然すぎて捏造以外に有り得ない」と思います。
信じたい人はどうぞ。
ただし「IQが78%高い」が現実であるとすると「保守派は天才であるが極少数」になりますし政治勢力的に見て、そこまで「保守派」は少数者ではないのは、それこそ明白でしょう。
また「この記事中に出てくる数字だけで破綻してしまう『調査』を信じてしまう『保守派』」が多い事によって「『保守派』でもそれが頭の良さとはあまり関係ない」事も証明されていると思いますよ?

今回の研究はリベラルを掲げるオバマ政権に痛手になりそうだ。

そして、その捏造研究を論拠とした、記事の結びの一文です。「米国ではIQの低い層の政治参加を妨げるコンセンサスがある」という認識が、この記事の筆者にはあるのでしょうか。そもそも「存在してもいない、日本のクソデマブログだけが報じている研究が与える影響」がアメリカのオバマ政権にある気はしないのですが。

データ分析の結果、7年後に「まったく宗教心がない」かつ「非常にリベラル」と回答した人は、「非常に宗教心がある」かつ「非常に保守的」と回答した人に比べて、10代のころのIQが高いことがわかった。

 差異はそれほど大きなものではなく、例えば、リベラル派と保守派の差は平均で11ポイントにすぎない。それでもこの差は非常に重大だという。

こちらは「100年以上発行されている学術誌の名を関するサイト」で少なくとも「どこの調査機関が、どの程度の期間行っていた調査かは明確」な物です。もちろん「両方を疑う」事も可能です。ですが「両方を信じる」のは難しいと思います。「愛国的で真実を伝えているネット新聞」の方を断固信じるというのならば、どうぞご自由に。ちなみに、数字は11程度と非常にマイルドです。「78%高い」なんて書いちゃった人の「IQとはなにか」すら分かってないっぷりが浮き彫りです。

2-3 ついに候補者数以上の議席を獲得するに至った自由民主党

JPNの最新の調査によると、自民党は今回の衆院選で370議席を確保することが、11日、判明した 。

すぐに覆される数字なので、信じないほうがいいですよ。

立候補者数は、現行の小選挙区比例代表並立制の下で最多だった2012年の前回選挙の1504人を大きく下回り、政党数も12から9に減った。政党別では、自民党352人、民主党198人、維新の党84人、公明党51人、次世代の党48人、共産党315人、生活の党20人、社民党25人、新党改革4人。

自民党の立候補者数は352人

2-4 なんか、他にも政党支持率とかやってるけど、もう、いいですよね?面倒くさいから。

1 2