成長期においてカルシウムを摂取し、骨量を高めておくことは将来の骨粗鬆症予防にも有益で、学童期・思春期は骨密度を高めるために大切な時期であり、この時期を逃すと骨量を高めることは難しくなるという

出典http://www.dietitian.or.jp/topicsnews/pdf/140425.pdf

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ご飯と合わない…新潟県の給食から牛乳が消えて波紋が広がってる

新潟県三条市で1日から試験的に牛乳の提供を取りやめ。市は代わりにメニューを工夫することで対策するとしていますが、日本栄養士会からは反対の声も。そこで、一連の流れをまとめてみました。

このまとめを見る