1. まとめトップ

【2015】新型アルファードの画像や最新情報!価格・発売日・燃費・スペック(馬力)、内装

大人気のLクラスミニバンのアルファード(ヴェルファイア)が新型にモデルチェンジします!そんな新型アルファードの価格や発売日などの情報を随時追加!

更新日: 2015年04月11日

2 お気に入り 89395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新型アルファード/ヴェルファイアの価格帯は約320万~約704万円

新型アルファード/ヴェルファイアが、なんと発売から約1ヶ月で4万2千台を受注しました。日本車では最大クラスの高額乗用車でありながら、まるで軽自動車やコンパクトカーのような売れっ振りで、快進撃を続けています。

注目は、7人乗り仕様の2列目キャプテンシート。自動スライドドアを開けると、日常生活の中でも、最も上質な座り心地(オットマン標準)と贅沢なおもてなし空間が迎えてくれます。跳ね上げ式の3列目シートも充分なサイズをキープ。床下収納スペースもミニトランクほどの容量を確保しています。

パワーユニットの価格差を比べると、FFの直4・2.5Lに対し、FFのV6・3.5Lは実質約40万高。また2.5Lの4WDに対し、ハイブリッド4WDが約60万円高。両エンジンは、FFの約20~25万円高で4WDが設定されています。

装備はベースグレードでも必要充分。中間グレードは、各種の電動調整機能や後席サンシェードを追加。更に上級グレードは、エアロや18インチアルミが装備されます。V6とハイブリッドのVIP用グレード「エグゼクティブラウンジ」は、上質豪華を極めた本皮エグゼクティブセカンドシートやナビ連動の運転支援機能が自慢です。

新型アルファード&ヴェルファイアは最上級高級ミニバンだ!

新型アルファード&ヴェルファイアは、威風堂々たる体躯と派手なマスクが特徴。リアサスにダブルウィシュボーンを採用して高級サルーンに負けない走りと快適性を両立しました。パワーユニットはアイドルストップが追加された直4・2.5Lと余裕の走りを誇るV6・3.5L、そして直4・2.5Lに前後モーターを組み合わせた4WDハイブリッドから選べます。

高級サルーンを凌駕すべく開発されたセカンドシートは、4種類を用意。8人乗り仕様は、分割チップアップ機能付の1種類のみ。注目の7人乗りキャプテンシートは、最上級と上級、標準の3種類があり、標準でもオットマン付きという贅沢振り。新型は、VIPが納得する「大空間高級サルーン」として進化を遂げたのです。

新型アルファードとヴェルファイアがタイでも発売!価格は1200万円超え?

新型アルファードとヴェルファイアは、日本国内で1月26日に発表されたばかり。タイなどの一部海外市場でも、広い室内空間に快適装備を備えた高級ミニバンに対する需要は根強く、新型アルファードとヴェルファイアが現地初公開されている。
会場に展示された車両のボディカラーは、新型アルファードがブラック、新型ヴェルファイアがホワイト。日本仕様の最上級グレード、「エグゼクティブラウンジ」を展示するあたりに、トヨタの戦略がうかがえる。

新型アルファードとヴェルファイアが凄く売れている!脅威の販売数!

新型アルファードとヴェルファイアの発売後1カ月の受注状況が凄いことになっています。アルファードは約2万台、ヴェルファイアは約2万2000台の計約4万2000台を受注。パワートレーン別では、アルファードのうちガソリン車が約1万3500台、ハイブリッド車が約6500台。ヴェルファイアのうちガソリン車が約1万7500台、ハイブリッド車が約4500台

新型アルファードの駐車支援システム()インテリジェントパーキングアシスト2)が凄い!

新装備も注目で、もっとも大きな話題は駐車支援システム「インテリジェントパーキングアシスト2」だろう。
これはまず超音波センサーとカメラで駐車スペースを検知し、自動的に駐車位置を設定。適切な後退開始位置への誘導と、後退駐車のためのステアリング操作をアシストする。通常の駐車スペースだけでなく、縦列駐車にも対応するというものだ。

初搭載の「インテリジェントパーキングアシスト2」は、駐車スペースを検知し、複数回の前後移動を含め、自動でステアリング操作を支援する。ドライバーは、アクセルとブレーキなどの操作だけで駐車できるという。

新型アルファードがいよいよ発売!大型フロントグリルがド迫力!

新型アルファードとヴェルファイアの燃費は?

トヨタの新型アルファードとヴェルファイアは2015年1月26日にフルモデルチェンジする予定だ。
現行型と同様に、ガソリンエンジン2グレードとハイブリッドモデルも設定される。
ガソリン車は2.5Lと3.5L。
ガソリン車は排気量が2.4Lから2.5Lへと変更となり、燃費は現行の10.8km/Lから12.8km/Lへ向上。2.5Lはエコカー減税対象車となる。
3.5Lモデルもあり、燃費は現行の9.2km/Lから9.5km/Lへ向上。
またハイブリッドはカムリと同じシステム2.5L+モーターとなる。
気になるハイブリッドアルファードの燃費だが、ハイブリッドモデルで現行は17km/Lだが、新型アルファードハイブリッド、新型ヴェルファイアハイブリッドでは、19.4km/Lとなる。
ハイブリッドモデルも、もちろんエコカー減税対象車となる。

新型アルファード&ヴェルファイアのフロントとリアからの実車画像を追加!

【新型アルファード】

ガソリン車 標準ボディ
・3.5L Executive Lounge:652万2218円
・3.5L GF:484万2327円
・2.5L X 8人乗り:319万7782円

ガソリン車 エアロボディ
・3.5L SA Cパッケージ:458万5091円
・3.5L SA:414万5237円
・2.5L S Cパッケージ:417万3709円
・2.5L S Aパッケージ:375万4473円

新型ヴェルファイア】ガソリン車 標準ボディ
・3.5L Executive Lounge(VLの装備に加えて):652万2218円
・3.5L V L(Vの装備に加えて):484万2327円
・2.5L V7人乗り:399万5018円
・2.5L X 8人乗り:319万7782円ガソリン車 エアロボディ
・3.5L Z A G EDITION(ZAの装備に加えて):458万5091円
・3.5L Z A:414万5237円
・2.5L Z G EDITION:417万3709円
・2.5L Z A EDITION:375万4473円
・2.5L Z:353万7491円

アルファードとアルファードHVのグレード別価格表が流出!

新型アルファードのカタログ、パンフレット登場!

新型アルファード カタログ パンフレット

新型アルファード カタログ パンフレット

新型アルファード カタログ パンフレット

1 2 3