1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

別世界!最高!と行った人の大半が絶賛する世界遺産「ハンピ」の魅力とは?

行った人のほとんどが「よかった!」というインドのハンピ。遺跡と巨石と自然がつくり出す不思議な風景と、ゆっくりとした時間の流れに癒される素敵な場所のようです。どんなところなのかまとめてみました。

更新日: 2016年10月20日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
999 お気に入り 176927 view
お気に入り追加

行った人に絶賛されている場所があります!

みなさんの旅行記を読んでも、とにかくよかった!という感想が大多数でした。

このハンピという町、インドに来るまでは知りませんでした。
ただ、インドに来てからの知名度はすごいものがあります。
インドを旅する日本人の多くがハンピが1番好きだといいます。

国籍問わず誰もがオススメしてくれたのがこのハンピ村
そしてそこは期待を裏切らない、最高に素敵な場所だった。

いやー、もうね、ハンピはとにかく良かったですよ。
凄く良かったですよ。
東南アジアでトップクラスの「いい場所」だと思います。

後にも先にもインドで1番良かった場所でした。
インドのみならず、世界中で1番かも...などと思ってしまうほどでした。

インド長期旅行者はかなりの割合でここを訪れるし、訪れた人はかなりの高い確率で「一番よかった場所」にランクインさせる。

ハンピについて

半径約3キロ圏内に、いくつものヒンドゥー寺院や宮殿などが建立されたが、16世紀なかばに、北から侵入したイスラム勢力によって制圧された。その後、ハンピは久しく「打ち捨てられ、忘れられ」ていたという。樹木が生い茂る、まさに「兵どもが、夢のあと」だったこの地が再発見されたのは、英国統治時代らしい。

ハンピに残存する都市の遺構は、1986年、ハンピの建造物群(Group of Monuments at Hampi)の名称で国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産の文化遺産に登録された。

インド南部カルナータカ州の村で、かつてのヴィジャヤナガル王国の首都であった。古名はヴィジャヤナガル(Vijayanagara、「勝利の都」)。現在は遺跡北側を流れる川の旧名で呼ばれる。

まだあまり知られていないスポットです!

場所はこのあたりです

1986年に世界遺産に登録された見応えのある遺跡群ですが、アクセスが悪いため、それほど観光地化されておらず、まだまだ日本人ツーリストにも馴染みがない遺跡です。

ハンピは素晴らしい観光地なのですが、
他の都市に比べるとアクセスが悪い事もあって、
知名度はそれほど高くありません。

『歩き方』を読まなかったら気づかずに通り過ぎていただろう。それくらい日本人にはあまりなじみのない場所だと思う。

でもバックパッカーの間ではかなり有名なところのようです。

「別世界みたい」という声が多かったです

バナナとヤシの木そして岩山に囲まれた遺跡を目にして、別の国と言うよりも「違う惑星に来ちゃったのか?!」って思ってしまった。

自然を感じて、心が浄化されていくみたいに幸せな気持ちになれちゃいます(*ノ∀`*)
そしてたくさんの自然の中に忘れられたような遺跡達が、どこか別の次元の世界に迷い込んでしまったんじゃないかって感じるほど、別世界。

ハンピには、この写真のように巨大な石がいたる所に転がっていて、ハヌマーンが投げた石つぶてと言われています。

まるで別世界、フィクションの世界に入ってしまったかのような、
そんな楽しさを感じました。

奇岩があっちこっちにあり、かなり不思議空間だった。どういう現象が起きたらこいう状態のなるのかが全くの不思議だった。ハンピバザールから東に歩いていくとそんな不思議空間を満喫できる。

別の時代にタイムスリップしてしまったような、そんな不思議な気にさせてくれる遺跡でした。

サンセットがとってもきれい!

1 2 3





新規のまとめ作成はやめます。