1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『次のウクライナ』とも言われる、ロシアとEUに挟まれた小国・モルドバ共和国とは?

旧ソ連の構成国であったモルドバ共和国は、19世紀からロシアの南下政策によってトルコとロシア、そしてルーマニアの間で綱引きが行われてきた地域でした。2014年のウクライナ危機をきっかけにロシアとEUの間を揺れ動くモルドバ共和国とはどんな国なのかまとめてみました。

更新日: 2016年06月07日

32 お気に入り 99644 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tagovicさん

モルドバ共和国の概要

モルドバ共和国(モルドバきょうわこく)、通称モルドバ、モルドヴァは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。内陸国であり、西にルーマニアと、他の三方はウクライナと国境を接する。旧ソビエト連邦を構成していた国家の一つであった。

旧ソ連の中でも存在感はあまり無かったように感じます。

ヨーロッパの最貧国

ヨーロッパの最貧国と呼ばれる

国際通貨基金 (IMF) の2013年の統計によると一人当たりのGDP(為替ルート)は2,239ドルで、世界水準のおよそ2割ほどにしか満たなく、ASEAN諸国であるマレーシア(10,547ドル)やタイ(5,674ドル)はおろか、フィリピンの2,790ドル、インドネシアの3,509ドルよりも低くヨーロッパの最貧国といってもいい程の経済状態にある。

モルドバ最大の経済援助国は1位アメリカ、2位ドイツ、3位オランダ、4位日本

1990年にはソ連からの独立に反対するロシア系住民が「沿ドニエストル共和国」として独立を宣言、モルドバ政府との戦争となった

世界の目がユーゴスラビア紛争やルワンダ内戦に注がれる中、ひっそりと行われたトランスニストリア戦争

モルドバ最大の工業地帯でもあるドニエストル川の東側は未承認国家「沿ドニエストル・モルドバ共和国」として事実上の独立国となっている。

1990年にドニエストル川東岸のロシア系住民が「沿ドニエストル・ソビエト社会主義共和国」を宣言してモルドバから分離を目指した。さらに1990年9月2日には、「沿ドニエストル共和国」として独立を宣言。1992年にはトランスニストリア戦争に発展。7月、和平協定が締結され、ロシア、モルドバ、沿ドニエストル合同の平和維持軍 (Joint Control Commission, JCC) によって停戦監視が行われている。

沿ドニエストル共和国の国旗はソビエト時代のものを使用している

2000年代には人身売買が問題に

2004年に英国チャンネル4で放送された本作をきっかけにモルドバを始めとした東欧からの人身売買が世界中の知るところとなった

東欧、イタリア、ロンドン、北米 世界を巡る欲望の人身売買ネットワーク!
ロンドン行きを夢見て故郷を後にした姉妹エレナとエヴァだったが、騙されてセルビア、イタリアへと売春婦として売り飛ばされてしまう。

監督のデビッド・イェーツは本作がきっかけで「ハリー・ポッター」シリーズの監督に抜擢された。

なぜ、世界中の売春地帯にモルドバの女性が売られ続けているのか。

2009年には選挙結果をめぐり「Twitter革命」と呼ばれる暴動が発生

「モルドバの民主化」と「逮捕されたデモ参加者の釈放」を求める人々 photo by katsniffen

旧ソ連モルドバの首都・キシニョフで今年4月7日、議会選の結果に抗議する若者ら野党支持者の暴動が発生。つぶやきを配信するソーシャルサービス「Twitter」で情報交換がなされ、1万人近くの抗議者が国会議事堂前に集結した。

モルドバではいま、ソーシャルサービスを利用した抗議運動が広がっている。気の早い欧米メディアはこの運動を「Twitter革命」と命名した。

その結果、大統領は辞任。以後3年間、大統領不在という事態に

2001年より8年間、権力の座にあったヴォローニン大統領は2009年9月11日辞任した。

2012年、約3年ぶりに大統領が選出された

共産党と連立与党の対立で大統領不在が続いてきた同国議会で16日、大統領選の投票が行われ、最高裁長官のニコラエ・ティモフティ氏(63)(写真)が新大統領に選出された。

旧ソ連・モルドバの議会(定数101)で16日、大統領選出投票が実施され、裁判官で親欧米路線のティモフティ氏を選出した。与野党対立で約3年にわたり大統領を選出できない状況を解消した。

2014年ウクライナ危機、再び揺れるモルドバ

写真はロシア国旗とロシア軍兵士。ソチで9日撮影(2014年 ロイター/Alexander Demianchuk)

ロシア軍は25日、ウクライナ西部に隣接するモルドバ共和国の沿ドニエストルで軍事演習を行った。同地域をめぐっては、ロシアがクリミアの次に編入を狙っているとの懸念が高まっている。

モルドバの親露分離派地域・沿ドニエストルの議会は19日までに、ロシアへの編入を容易にする法改正を求める書簡を露下院に送った。

1 2