1. まとめトップ

復刻版ウィスキー、ご当地ハイボール・・・マッサン効果で更なるウィスキーブームを狙うメーカーの動き

NHK朝の連続ドラマで人気を博すマッサンにあやかり、大手二社が復刻版のウィスキーを販売します。また復刻版のみならず、ハイボールにおいてもドラマとのコラボやご当地ハイボールなどが登場しています。

更新日: 2015年04月05日

4 お気に入り 8696 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asuho_manさん

マッサン効果か?大手ウィスキーメーカーが復刻版を相次いで発売!

国内ウイスキー大手2社は、老舗ブランドの「復刻版」を数量限定で相次いで発売する。原点となった味を知ることで、ウイスキーに興味を持ってもらいたい考えだ。

まさに、商機を逃すまいとしていますね

マッサンこと竹鶴政孝氏のブランドを復刻

アサヒビールは2日、傘下のニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝氏がつくったブランドの復刻商品を発売すると発表した。

竹鶴氏はサントリーとニッカの両方のウィスキーに関わっているので、当然といえば当然ですね。

ブラックニッカとハイニッカを復刻

復刻版ウイスキーは竹鶴政孝氏が作った昭和31年発売の「初号ブラックニッカ」を1月27日に、店頭想定価格1700円(税抜き)で発売。続いて39年発売の「初号ハイニッカ」を2月24日に1400円で発売する。

サントリーでは角瓶を復刻

サントリー酒類も2日、サントリー創業者の鳥井信治郎氏が1937年に発売した「角瓶」の復刻版を2015年2月17日に発売すると発表。

好調のウィスキー市場を更なる広がりに期待を持つ

今秋以降は、竹鶴氏をモデルにしたテレビドラマの影響もあり、ちょっとしたウイスキーブームとなっている。

もともと、ハイボールブームもあっただけに、更なるブームの火付け役になっているようですね。

ウィスキーメーカーにとってマッサン効果は絶大

アサヒグループホールディングス(HD)のニッカウヰスキーが取り扱う国産ウイスキーの業績が絶好調だ。2014年1~11月期累計販売で前年比118.0%を達成。なかでも、ニッカ創業者である竹鶴政孝とその妻リタの物語とされるNHKの連続テレビ小説「マッサン」の放送開始後は、急激な伸びを示す。

これだけ明らかな売上アップともなると、この期に乗じてさらに売上アップを狙うのも当然ですね。

女性向けハイボールも併せて更なる普及を目指す?

現行のブラックニッカについては1月から外食店向けに専用機器で氷点下に冷やしたハイボールの展開を始める。「女性など客層も広がっており、固定客として定着させていく」(平野伸一専務)

やはり、幅広い人々に飲んでもらいたいようですね。

最近は明らかに女性向けのこんな商品も・・・

1 2