1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ、嘘でしょ?海外には「軽自動車」が存在しないって本当?

日本ではすっかりお馴染みの軽自動車。乗用車が軽自動車だというご家庭も多いはず。ところが海外で軽自動車は…

更新日: 2016年09月17日

yui_integralさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 166972 view
お気に入り追加

軽自動車を簡単におさらい

ボディ寸法は全長×全幅×全高3400×1480×2000mm以下、
排気量660cc以下、乗車定員4名以下となっており、5名以上(5名含む)の乗車定員の軽自動車は存在しません

すべての軽自動車に共通する美点は、小さなボディのメリットを活かした小回り性の良さです。

軽自動車税などの税金や保険など、維持費が安い

2015年4月以降に購入した新車の軽自動車税が10800円に値上げとなりますので注意

近年は軽自動車の普及が進んでいる

平成25(2013)年12月末現在の世帯当たり軽四輪車の普及台数は100世帯に52.9台と、同年3月末の51.8台からさらに1.1台普及が進んだ

常用車両が軽自動車とする人は4割に達していることが分かった。女性に限れば30代などで5割強、10-20代では6割を超えている

なんだろう、最近の軽自動車はやけに面白いもの出してくるよね、規格が決まっているだけに各社創意工夫が凄い

そんな軽自動車だが、日本独自の規格?

日本以外では軽自動車という規格自体が全く知られていない。

少し悲しいですね…

軽自動車が販売された背景

戦後復興期、自動車は高額なものであり、一般市民が普通に所有できるものではなかったことから、小型車からさらにダウンサイジングされたクルマとして要求されたもの

日本は、国土が小さく、資源も乏しい。そして、街の道路は狭く、ガソリン代も高い。さらに、中部や南部の大都市に人口が集中している。これらの要素が重なり、日本の自動車メーカーは本土において、多くの小型自動車を投入している

日本の文化における『軽』、『小』という特徴が反映されている。他の国では、大きくて重いものが人気になるが、日本では『小さくて軽く、コンパクト』なものが重視される

自宅へ帰ってきましたー 久しぶりに運転したー やっぱ軽は運転しやすい笑

今時珍しいんじゃないのかな。自分も軽乗用車に乗るようになって久しいけど、街乗りなら軽が一番だわ。遠出するときは辛いけど

では軽自動車に対する海外の反応は?

軽自動車は日本車メーカーがベストを尽くした車であり、革新的で車内スペースのとりかたも凄く上手い。日本もそうだけど、凄まじいほど混雑した都市部で凄く機能的だ

繁華街や混雑した都市や住宅街などで乗るなら軽もいいかも知れないけど、長距離や高速走行を主体として使う人が多いアメリカでは軽自動車は合わないと思う

海外でも都市部を中心に活躍の場がありそうですね

新興国をはじめ世界的にも軽自動車のニーズが高まりつつあり、価格や燃費など経済性や環境に優しい点が注目されています

1 2





yui_integralさん

個人的に気になったことをまとめてます。
お気に入り登録していただけると
とてもとても嬉しいです!!!
よろしくお願いします。