1. まとめトップ

【椿事件とは何だったのか】マスコミの偏向報道と印象操作→放送法違反 テレビ朝日 椿貞良

椿事件(つばきじけん)とは、1993年に起きた、全国朝日放送(愛称および現社名:テレビ朝日)による放送法違反(政治的な偏向報道)が疑われた事件である。当時テレビ朝日の取締役報道局長であった椿貞良の日本民間放送連盟(民放連)会合での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。

更新日: 2014年12月03日

6 お気に入り 48369 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

椿事件  細川連立政権が誕生し自民党が初めて野党に転落した頃の話

1993年6月の衆議院解散(嘘つき解散)後、7月18日に第40回衆議院議員総選挙が行われ、与党自由民主党が解散前の議席数を維持したものの過半数を割り、非自民で構成される細川連立政権が誕生。自民党は結党以来初めて野党に転落した。

テレビ朝日報道局長の椿貞良は「『ニュースステーション』に圧力をかけ続けてきた自民党守旧派は許せない」

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」
「日本共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」

「梶山静六幹事長、佐藤孝行総務会長のツーショットを報道するだけで視聴者に悪代官の印象を与え自民党のイメージダウンになった」

「羽田外相=誠実、細川首相=ノーブル、武村官房長官=ムーミンパパのキャラクター」

椿事件とは、1993年にテレビ朝日が放送法で禁止されている偏向報道を行った事件

非自民政権を築くため、テレビ朝日報道局長の椿貞良が
中心となってマスゴミ同士とつるみ、偏向報道で世論操作を行った事件。
なんと民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
以下のようなとんでもない報道方針がマスゴミ同士で決められた。

 ● 徹底的に、自民党だけを叩く。マスゴミ全員でピンポイントに叩きまくる。
 ● どんな些細な事でも、自民党を叩き、みんなで調子を合わせる。
 ● この際、ウソでも何でも噂でも、とにかく自民党だけ選挙まで延々叩く。
 ● 対抗馬の小沢の不祥事は、絶対に追及しない。マスゴミ全員でスルー(放置)する。
 ● 共産党は空気を読まないで小沢を批判するので、意見表明の機会を与えない。

2ちゃんねるで流布した説のように、 マスコミ同士でつるんで自民党バッシングを行ったわけではなく、実際には、政権交代後の民放連会合でテレ朝局長が「俺のおかげで政権交代が実現したんだぜww」と自慢話を行った、という事件である。

自民党の中立公正な報道のお願い

『過去においては、具体名は差し控えますが、あるテレビ局が政権交代実現を画策して偏向報道を行い、それを事実として認めて誇り、大きな社会問題となった事例も現実にあったところです』

党首討論会(6)安倍首相 首相のフェイスブック発信は「時代の変化」(産経新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-… 椿事件を初めて知った今朝。

テレビ朝日 グッドモーニング ・・ツイッターで話題になった事を、テレビで放送しているけど、椿事件も知っているよね  #tvasahi

椿事件かぁ、すねに傷もつ人たちは大変だなぁ。しかも、自らそれを表に出す質問をするというw

1 2