母は97歳で逝った。私の大学進学にあたり、乗り気でなかった父を「勉強したいという子は珍しいのだから、行かせてやってください」と説得してくれた。

 死ぬ半年前くらいから、軽い痴呆が出てきた。朝食をしていると「今日は何日でえなあ?」と何度も聞くことがあった。「さっきも言ったでしょう。17日」「何曜日けえなあ?」「水曜日」「そうか。そんなら今日は休みで(学校は)行かんでもええなあ」「水曜日だから休みと違う」「いいや、17日なら休みのはずだ。東郷平八郎さんが日本海海戦でロシアの海軍と戦って勝ちんさった日(海軍記念日)で休みのはずだ」と言って譲らない。

出典崩壊する家庭は「宗教心」が土台にない…父母が神を敬う姿を子々孫々まで|凛とした日本に!

前へ 次へ