1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

13年前の「特急電車廃止」を恨んでいた男の執念がスゴイ

線路に自転車を投げ込んだ正木啓嗣被告が逮捕されたが、この容疑者はJR東海にいやがらせをしまくっていた疑いもある。その理由は「好きだった特急『北アルプス号』が廃止になったのはJRのせいだと思った」と供述している。それってどういうことなの?

更新日: 2014年12月04日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 59165 view
お気に入り追加

■線路に自転車を投げ込んだ男が逮捕された

JR東海道線の線路内に自転車を放置したとして、愛知県警は2日、電汽車往来危険と威力業務妨害の疑いで、愛知県清須市廻間、無職正木啓嗣被告(29)=偽計業務妨害罪で起訴=を再逮捕した

正木容疑者は9月26日夕と10月10日夜の2回、JR東海の清洲駅(同県稲沢市)周辺の線路内に自転車を投げ入れ、電車の往来を妨害した疑いがある

いずれの事件でも電車が自転車と衝突するなどして運行に 20 分以上の遅れたが、けが人はなかった

・先月にはウソの通報をして逮捕されていた容疑者

今年5月から9月にかけて、自分の携帯電話からJR東海のテレホンセンターに10回にわたって電話をかけ、対応したオペレーターに「線路内に人がいる」などとうその通報をして、同社の業務を妨害した

・JR東海にいやがらせをしまくっていた疑惑も…

東海道線では清洲駅周辺の南北約3キロの範囲で、8月29日~10月10日の間、自転車や工事用の三角コーンが線路に投げ込まれて電車と衝突する事件が3件発生。踏切に設置された非常用ボタンが押し逃げされる事件も4件起きており、県警やJRが警戒していた

■その理由はなんと…「好きな特急が廃止されたのはJRのせいだと思ったから」だった!

正木容疑者は鉄道ファンだといい、「好きな名鉄の特急『北アルプス号』が(2001年に)廃止となり、JRのせいと思って腹が立った」と供述しているという

・北アルプス号が廃止されたのは2001年のこと。すごい執念…

2001(平成13)年9月30日をもって、特急「北アルプス」号が廃止となりました

13年前に廃止になった特急の恨みがまだ残っているなんて…。

10年間にわたって名鉄沿線と飛騨路を結ぶ特急として活躍してきました

・ただ鉄道ファンに人気があったのは間違いないみたい

「北アルプス」という特急が好きだったという点だけについては、同意する鉄道ファンは少なくないと思われます。
様々な個性を持っており、2001年に名鉄自身がその資料館で「廃止から10年・北アルプス号」という特別展を開催するような列車だったから

■しかし、ここで疑問が…「JRのせいで名鉄の特急が廃止された」ってどういうことなの?

JRが他社の特急を廃止させることなんて可能なの?

・特急「北アルプス」号は大手私鉄である名鉄からJRに直通運転する珍しい特急でした

名鉄の神宮前駅(名古屋市熱田区)から名古屋本線と犬山線を経由し、新鵜沼駅(岐阜県各務原市)より連絡線へ進入。JR東海の高山本線鵜沼駅に抜けて、高山駅(岐阜県高山市)まで走っていました

JRと第三セクター鉄道、また通勤電車の直通運転は珍しくないですが、名鉄のような大手私鉄の特急がJRへ直通運転する例はあまりありません

・廃止の一番の理由は採算が取れなくなったことだが…

「北アルプス」自体の利用者数の減少に加えて、東海北陸自動車道延長によって名鉄も名古屋~高山間に高速バスを運行するようになったこと、1往復の列車のために気動車用の設備や乗務員を用意する不便さなどの理由

特に下り(高山行き)の出発時間が昼前後と、名鉄沿線の観光客ニーズから外れたダイヤのため、極端に利用が低迷した

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう