1. まとめトップ

冬の定番ダウン 羽毛抜け 対策はあるの??

ダウン羽毛抜け 飛び出し 抜け ダウン フェザー ダウン ダウンジャケット

更新日: 2014年12月03日

yonotanaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 150362 view
お気に入り追加

●ダウンの羽についての見解

繊維の間から出る場合は、細い羽毛の先が繊維のすきまを抜け、摩擦などによって吹き出す場合や、フェザー(羽)の固い芯が運動によって突き抜ける場合があります。

ダウン製品はロフト(かさ高)を保つ為に空気が必要です。通気性のない素材を使用してしまいますと、充分なロフトが得られません。ある程度の通気性を保つための、空気の通りみちより羽毛の抜け出ることも考えられます。

ダウンとフェザーの比率でフェザーが多いと抜けが多いですね。

ダウン製品には羽毛の噴出しにくい特殊な素材および縫製技法を採用していますが、着用によって生地目から若干羽毛が飛び出す場合があります。これはダウン製品の特性であり避けることができません。

羽根は細かな動きを与えると羽根の根元の方向に向かって動くので、その先に縫い目の針穴があるとそこを突き抜けて出てきてしまう

飛び出したダウンを
指でつまんで引っぱり出したりすると、
中のダウンが次々と出てき手大変なことに…

●予防

摩擦は羽毛の吹き出しが増える原因となりますので、すべりの良い素材(シャツなど)をインナーとしてお召いただき、 肩掛けバッグや電車・バス、乗用車等の椅子によりかかることを避けることによっても、羽毛の吹き出しは軽減されます。

●対策

一度ダウンの部分を持ってギュっって握りつぶしたり丸めてください、そうする事で羽根の根が折れて出にくくなりますので。

出典www.eddiebauer.jp

羽毛の吹き出しの多くは、キルトステッチの縫い目から吹き出すものと、生地の繊維のあいだから吹き出てくるものに分かれます。
キルトステッチの縫製糸部分の吹き出しについては、縫い糸によって引き出された羽毛やステッチ穴から吹き出すものが多く、粘着テープなどによって取り除くと 羽毛の吹き出しは目立たなくなります。

この場合、繊維のすきまをふさぐように、極力内側へ戻すようお願い致します。
無理に引き出そうとすると繊維のすきまが広がり、吹き出しが続く原因にもなります。

●それでもだめなら

1、2本ぐらいが出てくるのであれば、ダウンならどの製品でも、と思ってください、一度に10本ぐらい出てくるようでしたら縫製不良が考えられますので、一度店に持って行ってください

1





yonotanaさん

気になるもの。
これから、購入予定のものをまとめます。

このまとめに参加する