この祭りに対し、動物愛護運動家たちからは動物の殺りくを止めるよう圧力が強まっていたが、インドの最高裁判所が今年に入り、この祭りに関連する動物の輸出を禁止。信者たちが水牛やヤギを寺院へ連れて行かないよう、警察に国境を監視させた。

出典ヒンズー教の祭り、規制でいけにえ10万頭減 ネパール | 国際 | ニュース | So-net

このインド政府の規制措置により、今年いけにえとされた動物の数は推定20万頭と前回よりも約10万頭減少した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

生贄として動物が大量虐殺される。衝撃的な「ガディマイ祭り」

ネパール南部バラ地区にあるヒンズー教のガディマイ寺院で28日、動物をいけにえとして神にささげる祭りが始まり、主催者側によると、水牛約5千頭が殺された。

このまとめを見る