1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

知られざる天空の遺跡!絶景に感動の世界遺産プレアビヒア寺院

カンボジアにある「天空の遺跡」とも呼ばれるプレアヴィヒア寺院は、領有権を巡って紛争があるため、危険でまだ観光で行く人は少ない世界遺産です。しかし2014年の12月に、外務省から出ている渡航情報の危険度が下がったため、ツアーにも組み込まれるようになったりと、今注目の世界遺産です!

更新日: 2016年10月27日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 59390 view
お気に入り追加

「天空の遺跡」と呼ばれている寺院の遺跡があります

別名は、「天空の遺跡」とも呼ばれ(アジアのマチュピチュ!?)、標高約500mの寺院から見下ろせるタイとカンボジアの景色は絶景です。

まさに“天空の城”というキャッチフレーズがものすごくぴったりの遺跡です。

山の上に作られた寺院です。広大な土地を見渡せ、これこそ天空にいるような感覚さえあります。

この遺跡は山の上にあるんで、天空の遺跡って感じがしました。
アジアのマチュピチュといえる場所かも!?

この遺跡は世界遺産なのですが、外国人観光客は少ないです

しかしまぁ観光客が少ない!
日本人は自分たちのグループとあと1組ぐらいやし欧米人はゼロ。
こんなに人の少ない世界遺産はあまりないのでは?と思いました。

観光客は欧米系2組、あとは日本人が数組でした。
ここは、今いっておくといいかもしれませんね。

観光客が少ないのには理由があります

カンボジア北部,タイとの国境を走るダンレック山地中にあるアンコール時代の寺院遺跡。

9世紀末にクメール人によって建設され、11世紀に増築されたとされる。

アンコールワットより前に建てられた寺院とされています。

見にくいですが、階段下のゲートが国境。(ゲートを超えるとタイ)
参道はタイ側から道があるのですが、現在はタイ側から遺跡に行くことはできません。

カンボジアとタイの間には、両国国境近くにあるプレアビヒア(Preah Vihear)寺院遺跡の周辺地域の領有権を巡る紛争が存在します。

このプレアヴィヒア寺院がカンボジアの世界遺産として登録されると、武力衝突はさらに激しくなり、民間人の死者まで出るような状況になってしまいました。

2008年に登録されました

このような状況だったため、世界遺産として登録はされたものの長い間立ち入り禁止区域に指定されており、安全面から大手のツアー会社も近年までは積極的に宣伝を行っておらず、知名度はあまり高くありません。

最近になって、国際裁判の判決でカンボジア側が勝訴し、正式にカンボジア領として落ち着くことになったようです。

現在(2015年3月時点)は落ち着いています

2014年12月に外務省からでている渡航情報の危険度が下がったため、ツアーなどに組み込まれるスポットになると思われます。まさに、今年注目!

未だタイとの国境紛争の影響で沢山のカンボジア軍兵士がいます。

東側には旧参道があるがかなり崩壊して危険なので個人旅行者にはお勧めしない。地雷が多いためガイドなしの観光も危険だ。

寺院の様子について

1 2 3





新規のまとめ作成はやめます。
過去作成分の修正はしていく予定です。



  • 話題の動画をまとめよう