緑豆は中国産で安い
緑豆は主に中国、ブラックマッペはタイやミャンマー、大豆も大半が輸入(米国・カナダ・中国)のものを使用し、発芽・育成しています。
中国産の緑豆は世界一の高品質です。「緑豆は日本では栽培しないの?」というご質問をいただくことがあります。もちろん国内での栽培を試みたことがありますが、日本の気候が合わず、もやしの種子として使用できる高品質な緑豆の試作はいずれも失敗しています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

貧乏飯の強い味方♪安旨野菜もやしの脅威的なパフォーマンス

言うまでもないですが、激安野菜(特にダントツ)のもやし。安いからと舐められがちですが、意外と低価格で量も多く、低カロリーなのに、栄養は豊富、といいとこどりの野菜なのです。

このまとめを見る