1. まとめトップ

『クリームシチュー』の隠し味!入れるべき7つの食材!

クリームシチューの隠し味・バター・白ワイン・昆布茶・チョコレート・白ワイン・ベーコン・海苔の佃煮・さとう・味噌 ・しょうゆ・チーズ・これはすごい!少量入れるだけでプロの味に!!

更新日: 2014年12月04日

69 お気に入り 1532142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

masarusanさん

そろそろ寒くなってきて食べたくなる『クリームシチュー』

基本的に入れるものといえば・・・

料理レシピ
材 料(5人分)
玉ねぎ中1.5個分
ジャガイモ中1.5個分
ニンジン中1/2
サラダ油またはバター大さじ1
水300ml
牛乳(乳脂肪分4.2以上がオススメ)250ml
鶏肉250~350g
チキンコンソメキューブ1/2個
ハウス北海道シチュー一箱の半量(80g)

このまま作るとどの家庭も同じ味に!!他と差をつけつけるためには・・・

このレシピにちょっと入れるだけで格段に美味しくなる隠し味を紹介します!!

『隠し味』とは・・・

それ自体が料理に必要なものではないが、加えることでその他の食材の風味を引き立てたり、料理のアクセントとして用いられることが多い。隠し味は味の決め手になることが多い

市販ルウのパッケージに書かれたレシピ通りに作るのもありですが、ちょこっと工夫すればオリジナリティあふれるおいしいシチューに早変わりします。

1、バター

煮込むときに入れるとコクが出ます!!

シチューを作る際、肉や野菜を炒める時にバターを使う方が多いと思いますが、炒める時に使うのではなく、煮込む時にバターを投入するとコクが出ます。ただし、バターには塩分が含まれているのでしょっぱくならないように注意が必要です。気になる方は、無塩バターでトライしてみてはいかがでしょうか

基本的に乳製品を入れるとコクが増すようです

「水の代わりに牛乳を使用するとコクが出てくる」
「仕上げに生クリームを加える。よりコクが出てまろやかに」(29歳/女性)
「食べる直前にバターを足すとコクが増しておいしい」(41歳/男性)

2、昆布茶

昆布茶は、和風の料理の隠し味で度々登場しますが、

洋食のシチューにもとてもよく合います

和食の隠し味にも使われる昆布茶ですが、グルタミン酸という成分(味の素にも入っている旨み成分)が含まれています。シチューにコクを出してくれます。また、シチューだけではなく、グラタンなどに使っても美味しくなります

3、白ワイン

粉っぽさがなくなります

牛乳のかわりに白ワインを入れてみて下さい

デリカメゾンのような安いやつでよいので

フレンチのチキンフリッカッセのような味に

白ワインを多めに利かせることで、よくありがちな小麦粉の粉っぽさを消すことができます

肉と野菜を炒める時に、白ワイン(辛口のもの)を加えて炒めると、前述の通り小麦粉の粉っぽさがなくなります。ルーを使わずに、全て手作りする方には是非試していただきたいです。

4、ベーコン

1 2 3